ブルーストンウォーク事件

1979年1月4日、イギリスのローレイ・レジス州にあるブルーストンウォークで、目撃された身長1メートル程の妖精のような宇宙人である。

この別名『ミンスパイの火星人』とも呼ばれ、『ローレイ・レジス事件』としても知られている。

この事件の朝7時頃、ブルーンストーンウォークに住むジーン・ヒングリー夫人は出勤する夫を見送った後、自分の家の屋根に浮かぶ巨大UFOを目撃した。
このUFOはオレンジ色の光と熱を発しており、このUFOを見ていた彼女の愛犬がなぜがその場で倒れてしまったという。
それに恐ろしくなった夫人が家に逃げ込むと、外から「ジーッジーッ」という奇妙な機械音が響いてきた。この謎の機械音に追い込まれ、夫人は咄嗟に居間に逃げ込むと、すぐさまその場で悲鳴を上げた。
なんと、夫人が逃げ込んだ居間では、2人の宇宙人立っていた。一体、いつの間に侵入したのか──彼らはがが片付けていなかったクリスマス・ツリーを振って音を出しており、なにやら興味深げに室内のものを物色していたという。

この時目撃された宇宙人は、両者ともに身長110cm程度であり、体つきは補足しなやかそうで、背中には水玉模様の虹のように輝く大きな羽が生えていた。顔は抜けるような白さで、死者のように表情を変えなかったという。また、その目は黒いダイヤモンドのように輝いており、耳や鼻のようなものは見当たらず、口は細い線のようなものがあった。
その他の特徴としては。
• 手足の先端は先細りになっており、指はない
• 部屋を飛ぶ際、手は胸のところでしっかり握られ、足は硬直したように垂らされていた
• 体にぴったりとした銀色の服を着ており、体の正面には縦に並ぶ銀色の小さなボタンが6つあった。
• 頭には尖ったキャップをかぶり、先端から短いアンテナのようなものが伸びる
• 頭部を覆う、肩まで伸びる透明なヘルメットのようなものをかぶっていた。

などが存在する。
この妖精にも似た宇宙人達を見ているうち、夫人は口を開けたままの状態で体が麻痺してしまっていた。
しゃべれない夫人を見た宇宙人達は、3人口をそろえて「ナイス?(Nice ?)」と言った。
夫人はなぜかその声が荒っぽい男の声だったことに驚かされた。

次の瞬間、夫人はようやくしゃべれるようになり、「おお、あなたに会えて良かったです。(Oh its nice to see you , to see you nicely.)」と返した。
これはテレビ司会者ブルース・フォーサイス(Bruce Forsyth)の決まり文句を変化させたものとされる。

おそらく、宇宙人たちはこの司会者の声を真似て喋っていたのであろう。

その後、宇宙人達がソファーの上でピョンピョン飛び跳ねるなどして遊び始めた。
夫人が必死にやめるよう頼むと、宇宙人はヘルメットのてっぺんのライトからレーザー光線のような光を夫人の額に照射しはじめたという。
それにより、夫人の額は焼けるほど熱くなり、ついに目が眩んだ。
そんな事をしながらも、宇宙人達はふてぶてしく「我々はあなたを傷つけに来たのではない」と言ったが、言葉と違う仕打ちについて、夫人は「なぜこんな事を?」と必死に訴えた。

そのうち夫人の体が宙に浮くと、部屋を横切って宇宙人達のかたわらにあるソファーに座らされてた。

そこで、夫人がどこからきたのか尋ねると、「空から」と漠然とした返事が返ってきたのである。

その後、一時間余りにわたった遭遇は、夫人がタバコに火をつけたことで唐突に終わりを告げた。
宇宙人達は驚いたように後ずさりした。
夫人は宇宙人達が火を怖がったんだと確信づけた。窓から外を見ると、裏庭の芝生に先ほどのオレンジ色のUFOが着陸していた。

オレンジ色の光を発す物体に彼らが乗り込むと、二度閃光を放って上昇し、瞬く間に飛び去ったそうです。
彼らが手を触れた時計やラジオは止まっており、ヒングリー夫人は彼らから発せられていた輝きの所為で、目に全治1週間の炎症を負っってしまった。

この宇宙人とも妖精ともロボットともつかない生き物はいったいなんだったのか?その謎は今でもわかっていない。

閲覧数コメント怖い
35900
  • コメント
  • 他の投稿