リレー怪談に関する情報求む

コメント
8

ロビン先生、あの頃が懐かしいですねぇ(遠い目)。
流れ人様、応援してますので頑張ってください。僕が参加するとまた炎上しちゃうかもなので(笑)ご遠慮させて頂きますが、きっと痺れるような経験ができますよ。

返信

ロビンⓂ︎さん
こんにちは!
応援ありがとうございます
リレー怪談見ましたが自分は本当に面白かったです
自分もゴルゴム13様の意見を参考にぜひやってみたいと思います

返信

ゴルゴム13様
了解しました
ゴルゴム13様は怖話を本当に大切にしてらっしゃいますね
自分も一カ月前くらいから始めたばかりですがこのサイト大好きです
なのでゴルゴム13様を含めた皆様の意見を参考に楽しんで行きたいと思います
あと、自分もお祭り好きなんでこれから企画を開きたいです
本当にありがとうございました
文章がところどころ変になってしまって申し訳ありません

返信

ゴルゴム先生、リレー怪談懐かしいですね。あの頃は本当に楽しかった…ひ…(遠い目

流れ人様、お祭り大好き問題児のロビンが来ましたよ。しかし僕の言いたい事はプラタナス様とゴルゴム先生が全て仰ってくれましたので僕は応援する事しか出来ません。が、もし実行するなら頑張ってくださいね♪…ひひ…

リレー怪談は楽しいですから…うふふ…

返信

流れ人様
怖がらせる気はないのですよ。最近の三題怪談や昨年の百物語ではさほど問題は起こらなかったようですし。
ただ何がきっかけで波乱が起こるか分からないです。
僕が主催したときも過去の反省を生かした積もりでしたが、それでも退会者が出るくらいには荒れてしまいました。
ですから企画ものが催される度に、本当は皆さんハラハラしておられると思います。
僕としては残念でなりません。ここまで書き手と読み手が近く、気軽に感想を言い合えるサイトはそう簡単には見つかりませんから。双方向のやり取りで書き手も成長出来るし、その影響で読み専だった方が書き手になられたりということもございます。こうしたメリットが生かされることを祈るばかりです。

返信

ゴルゴム13様
初めまして

これほどまでの情報提供ならびにご忠告、誠にありがとうございます
リレー怪談に関する騒動の全貌がここまで悲惨なものだったとは知りませんでした
あなた様の貴重なご意見と情報を一度持ち帰って十分に考えてみたいと思います

返信

流れ人様
初めまして。ゴルゴム13と申します。

僕は以前のリレー小説に参加させていただきましたし、アワード受賞者へのお祝いの企画にも参加・主催させて頂きました。

その一部に関しましては、過去のやり取りが怪談師様のスレで閲覧可能です。
リレー・祭専用 副音声&ガイドスレ(http://kowabana.jp/boards/6)

流れ人様がスレを立ち上げて少し経ちますが、殆ど返答が無いのには理由がございます。
それはプラタナス様もご指摘下さいましたが、そのリレーなどの企画ものの後、あるいは最中にこのサイトが荒れに荒れてしまったのです。

その際に企画ものに賛成・反対両方の立場から激しい議論、というよりも言い争いが起こりまして、多くの方が傷つきました。正確な人数は把握しておりませんが、退会に追い込まれた方も何人もおります。

その時の事を知る方々は、その時の荒れ具合を知っておられます。ですから下手なことを言うと自分が標的にされたり、サイトが荒れる原因になったりすることになりかねないという危機感があるのだと思います。一時、本当に酷かったのですよ。

僕も一度は退会を考えました。幸い引き留めて下さる方々がおられ、また僕の作品を楽しみにして下さる方もおられるようなので結局は残ることにしましたが、退会されてしまわれた方々のことを思うと今でも胸が痛みます。

ですから、このような企画をする場合、相当の覚悟と責任感を持ってやって頂きたいと思うのです。

前もって断っておきますが、僕がここで返答しますのは皆さまを代表してではありません。一度退会を考えた僕なら捨て石になってもいいかな、と思うからです。活動の中心は他サイトへ移転してしまいましたし、他の方がこの件で巻き込まれて犠牲になることはないだろうと思うのです。

前置きが長くなりました。すべてを明確に覚えているわけではないのですが、以下が以前のリレー作品での教訓です。

【炎上防止策】
・投稿には基本的に、掲示板を使う。
(正規の投稿ページを使うと、企画ものに拒否反応を起こす読者からクレームが付きます。第一回・第二回のリレーは正規の投稿ページに投稿しましたが、第二回の後でサイトが大炎上しました。このような書き手同士の馴れ合いは騒がしい、許せないという方もおられるのです。難しいのは、このような企画に参加する側・楽しむ側も、拒否反応を起こす側も両者ともに間違っている訳ではない、ということなのです。この時は双方から退会者が続出しました。最も多くの人が傷ついた騒動だったと思います。)

・リレー小説を正規の投稿フォームに投稿するのであれば、例えば前・後編に纏めるなどの配慮をして、目立ち過ぎないようにする。

・クレームへの対応は、企画者が責任をもって行う。

仮に掲示板だけで行っていても、わざわざ訪問してきてクレームをつける方はおられます。
クレームへの対応は代表者ができるだけ行った方がいいと思います。といいますのは、第二回の後での炎上騒ぎは「誰かが批難される→その誰かを擁護しようとして別の誰かが言い返す→相手がさらに言い返す→その無限ループ」が実際に過去に起こりました。それも企画者個人のメッセージボードで、です。その頃は掲示板がありませんでしたから。

おかげで、賛同者・反対者の双方ともに頭に血が上っている状態で個人のメセボで激論が連日戦わされました。こうなると収集が付きません。その方は相当辛かっただろうと思います。僕も仲裁しようとしましたが、あまりうまくはいきませんでした。双方にきついことを言ってしまいましたし、その経緯が切っ掛けとなって辞めてしまわれた方もおられます。その後、その企画者も退会されてしまわれました。そういう過去を考えますと、僕は本当はこのサイトにいるべきではないのかも知れません。

こうした炎上を防ぐために、僕が主催した時は掲示板で行い、かつ書き込まれたクレームは即座に削除・ブロックしました(一件だけでしたが)。その方は最初からけんか腰で、こちらの言い分を聞いてもらえるとは思えなかったからです。そのような相手に対して、炎上を防ぐ目的で削除・ブロックを行うのは主催者としてのある種の責務だと思います。

ただし、性根の優しい方には削除もブロックもできないかも知れません。前述の退会された企画者はそのような方でした。もし流れ人様がそのような方であれば、リレーなどの企画はされないほうが宜しいかと思います。想像以上の批難に曝される可能性があるということを肝に銘じておいてほしいです。

【書き手のルール】
・第一走者が第二走者を指名、第二走者が第三走者を指名、以下繰り返し。または、自ら名乗りを上げて次の話を投稿する。あるいは第一走者・アンカーはあらかじめ決めておく、など。

・時間制限は24~48時間・・だったような。すみません、記憶があいまいです。

・字数制限をある程度決めておく。

・リレー作品投稿ページとは別に、感想受付や情報交換の掲示板を用意する。

などでしょうか。参加者につきましては、募集をかけるか直にお声掛けするかでいいと思います。

僕自身は、このような企画に参加させていただいた過去は光栄に思いますし、書き手として成長できたように思います。書き手同士の交流を深めることも大いに結構なことだと思います。

ただこのような企画を常に嫌う人も一定数いるということをお忘れなく。そして話し合いは出来るだけ穏やかに行うということ、もし解決不可能と判断した場合は削除・ブロックも選択肢として考えて頂きたいと思います。

また、悪意はなくともちょっとした言い回しで誰かを傷つけ、それが原因で荒れてしまうこともあります。ですから、言葉は慎重に選んで頂きたい。

僕が今思いつくのはこれくらいです。それでは何卒熟慮されたく思います。

返信