ゴルゴーン(ゴーゴン)

ゴルゴーン(ゴーゴン)

ゴルゴーンとは、ギリシア・ローマ神話に登場する恐ろしい顔をした女の怪物である。海神ポルキュスとその妻ケートーを両親に持つ、ステンノー(強い女、Sthenno)、エウリュアレー(遠くに飛ぶ女、Euryele)、メドゥーサ(支配する女、Medusa)の三姉妹を指す。
もともとは三人とも美しい娘であり、特に末娘のメドゥーサは非常に美しかったため、海神ポセイドーンの寵愛を受けたという。しかし、白馬に姿を変えたポセイドーンに連れられてアテーナーの神殿で契りを交わしたために、アテーナーとポセイドンの妻アンピトリテの怒りに触れて怪物の姿に変えられてしまう。2人の姉は、この仕打ちに抗議したために同様の怪物にされてしまったという。
これに関しては、その美貌を女神アテーナーと競ってしまったために、怒ったアテーナーによって怪物の姿に変えられたとする説もある。
世界の西の果てにあるヘスペリデスの園の近くに棲むとされ、ゴルゴーンの目をみた者は石化するとして恐れられてきた。因みにゴルゴーン(Gorgon)とはギリシャ語で「恐ろしいもの」という意味である。

【容姿・能力】
ゴルゴーンたちは非常に醜い顔をしていて、頭には髪の代わりに無数の生きたヘビが蠢き、口元にはイノシシのような牙が生え、舌はだらりと垂れているという。背中には黄金の翼が生え、真鍮のかぎ爪を持っているとも云われる。何より恐ろしいのは、見た者を石に変える彼女たちの眼である。
2人の姉たちは不死であったが、末娘のメドゥーサのみが不死ではなかった。
そのため、ペルセウスによってメドゥーサは退治されるのだが、その石化能力は首を切り落とされても尚、消えることはなかった。ペルセウスはメドゥーサの首を使って敵を石化し、最後にはその首をアテーナーに献上している。その首はアテーナーのアイギス(盾、一説によると胸飾り)に飾られたという。また、メドゥーサの血液には特殊な力があり、医神アスクレーピオスはその血を用いて人を蘇生したと云われる。

【ペルセウスとゴルゴーン】
ペルセウスは全能の神ゼウスの子であり、ギリシャ神話に登場する半神の英雄である。ある時、セリーポス島のポリュデクテス王に、王の結婚のお祝いにゴルゴーンの首を持ってくることを約束させられてしまう。困り果てているペルセウスの姿を見た父ゼウスは、ヘルメスとアテーナーを遣わして、空を飛べる翼付きのサンダルと、青銅の曲刀、鏡のように磨かれた青銅の盾を貸した。また、途中に出会ったスクテュス河のニンフ達から、被ると姿の消える黒い帽子とメドゥーサの首を入れる魔法の袋を手に入れた。さらにグライアイから目を奪い、脅してメドゥーサの居場所を聞き出すと、そこへ向かった。
そして、鏡のように磨かれた盾にメドゥーサの姿を映して確認すると、その首を切り落とした。
すると、メドゥーサの首から滴り落ちた血は毒蛇に変わり、海に落ちた血は赤い珊瑚に変わったという。
また、身体から噴き出した血から天馬ペガサスとクリューサオールが生まれたが、この二匹の怪物は、姉のステンノーとエウリュアレーを呼びに行ったので、ペルセウスは姿の消える帽子と、翼付きのサンダルを使って逃げてきたという。因みに、このとき生まれたペガサスとクリューサオールは、海神ポセイドーンとメドゥーサとの間にできた双子の子供であるという。

【備考】
ゴルゴーン三姉妹には、他にもグライアイ(Graiai)と呼ばれる姉妹がいる。
グライアイとは、エニュオ、パムプレド、デイノの三姉妹を指すが、彼女たちは生まれつき醜い老女で、三人でたった一つの眼と一本の歯しか持っておらず、それをかわるがわる使っていたという。ゴルゴーンの居場所はこのグライアイしか知らなかったとされている。

閲覧数コメント怖い
1,61100
  • コメント
  • 他の投稿