アジ・ダハーカ(ドゥシュ・クワルナフ)

アジ・ダハーカ(ドゥシュ・クワルナフ)

アジ・ダハーカ(Aži Dahāka)とは、ゾロアスター教の経典『アヴェスター』に登場する悪竜である。
3つの頭を持つ強大な竜であり、その口からは毒を吐き出し、千の魔術を使うという。

【概要】
古代ペルシアで発祥したゾロアスター教は、善悪二元論を教義の特徴とする。経典『アヴェスター』によれば、世界は最高神アフラ・マズダー率いる善神群と悪神アンラ・マンユ率いる悪神群の二つの勢力の闘争する場である。
アジ・ダハーカは、この悪神アンラ・マンユが創り出した強大な竜であり、3つの頭、3つの口、6つの眼を持ち、残忍で狡賢く、千の魔術を使う恐ろしい怪物である。その体はありとあらゆる悪の性質を持つ生物で満ちており、斬りつければ傷口から無数の害虫や恐ろしい生物が溢れ出るという。

【アジ・ダハーカの名】
アジ・ダハーカ(Aži Dahāka)の「アジ(Aži)」はアヴェスター語で「蛇」を意味するが、「ダハーカ(Dahāka)」の意味に関しては、諸説あるもののはっきりとしたことは解っていない。有力な説としては、インド-イラン祖語で「男性、人間」を意味する「dasa-」や、サンスクリット語で「敵対種族、怪物」を意味する「dāsa」に由来するとする説がある。

【聖典アヴェスター】
『アヴェスター』によれば、この悪竜は、最高神アフラ・マズダの息子アータルと「輝く光輪(アクワルタ・クワルナフ)」を巡って壮絶な戦いを繰り広げたという。この「輝く光輪」とは世界の支配者の象徴と云われるものであり、アジ・ダハーカはその口から吐き出す毒や千の魔術を駆使してアータルを攻撃し、これを手に入れようとした。
しかし、アジ・ダハーカとアータルは、互いに恐ろしい呪いの言葉をかけたために、どちらも「輝く光輪」を手に入れることが出来なかったという。(一説によると、アパム・ナパートという神の手に渡ったとされる。)

その後、悪竜アジ・ダハーカは河の女神アナーヒターに供犠を行ない、また風神ワユに供物を捧げ、地上の人間を減らす事を願った。しかし願いは叶わず、次に聖なる火を消そうと試みた。しかし今度は、原初の人間イマに邪魔をされる。
怒ったアジ・ダハーカはイマを殺し、イマの2人の娘を奪ったという。
英雄スラエータオナはこの娘たちを助け出し、悪竜アジ・ダハーカを退治しようと試みるが、その頭・首・心臓を撃ったが殺すことはできなかった。また剣で突き刺すと、傷口から蠍、蜥蜴、蛙などの無数の害虫や恐ろしい生物が這い出してきたという。これらのおぞましい生物で世界が満たされるのを恐れた英雄スラエータオナは、アジ・ダハーカを縛ってダマーヴァンド山の地下深くに幽閉した。
しかし世界の終末のときに、悪竜アジ・ダハーカはこの縛めを破って復活し、善神の創造物の三分の一を喰い滅ぼすという。このときは、英雄クルサースパがこの悪竜を完全に討ち滅ぼすと云われている。

因みに、ゾロアスター教は、紀元前6世紀にアケメネス朝ペルシアが成立したときには、すでに王国で広く信仰されており、その聖典『アヴェスター』は1200枚の牛皮に筆録されていたという。しかし、アケメネス朝滅亡の際にその大部分が失われ、口承や伝承をもとにサーサーン朝ペルシア時代(紀元226-651年)に編纂されたといわれる。
そこに記された「最後の審判」や「天国と地獄」などの終末論的世界観は、ユダヤ教やキリスト教に影響を与えたと考えられている。

【シャー・ナーメ(王書)】
7世紀にサーサーン朝ペルシアがイスラム帝国に征服されると、ゾロアスター教は厳しい迫害を受けることになるが、その思想はイスラム世界にも影響を与えたようである。悪竜アジ・ダハーカは、イスラム王朝において再びその名を記されることになる。
10-11世紀のペルシアの詩人フィルドウスィーの著書『シャー・ナーメ(王書)』は、古代ペルシアの神話・伝説・歴史の集大成ともいうべき壮大な叙事詩であり、そこに聖王ジャムシード(『アヴェスター』の原初の人間イマ)や、暴君ザッハーク(『アヴェスター』の悪竜アジ・ダハーカ)の逸話が記されている。

アラブの王子ザッハークは、悪神アンラ・マンユに唆されて父を殺し5代目の王に即位するが、給仕に姿を変えた悪神アンラ・マンユの口付けにより、両肩から2匹の黒蛇を生やした怪物へと変えられてしまう。(3頭の怪物アジ・ダハーカとなったことを意味する。)その蛇は何度切っても再生し、人の脳を好んで喰べるという恐ろしい生物だった。
ザッハークは、王としての徳を失っていた近隣の王ジャムシードを退け、その国を建て直し、千年の間これを統治したが、その統治下では毎日2人の若者が蛇の餌食となるべく殺されたという。
そして、次第に暴君の正体を現すザッハークを倒すべく、英雄フェリドゥーン(一説によると、前王ジャムシードの孫)が立ち上がった。そして、ザッハークに息子を殺された鍛冶屋のガーウェの造った鋼の矛で、恐ろしいザッハークに立ち向かい、なんとか勝利をおさめる。そこへ天使スルーシュが顕れ、ザッハークをダマーヴァンド山に監禁するよう助言した。フェリドゥーンはそれに従い、ザッハークを封じ込めると、自らはペルシャの6代目の王となって500年の治世をもたらしたという。

【備考】
悪竜アジ・ダハーカが登場する最古の文献は聖典『アヴェスター』であると云われるが、紀元前21~18世紀のバクトリアに「蛇人」らしき図像があり、これをアジ・ダハーカと関連づける説もある。
また、アジ・ダハーカは古代都市バビロンのクリンタ城に棲んでいたとも云われる。

閲覧数コメント怖い
2,25700
  • コメント
  • 他の投稿