メドゥーサ(メデューサ)

メドゥーサ(メデューサ)

メドゥーサとは、ギリシア・ローマ神話に登場する恐ろしい顔をした女の怪物である。海神ポルキュスとその妻ケートーの間に生まれ、姉のステンノーとエウリュアレーと共にゴルゴーン三姉妹と呼ばれている。
世界の西の果てにあるヘスペリデスの園の近くに棲むとされ、その目を見た者は石と化すとして恐れられてきたが、英雄ペルセウスに殺されてしまう。

【怪物となった経緯】
メドゥーサは、元々は輝くような金髪をもつ絶世の美女だったという。
その美貌ゆえ海神ポセイドーンの寵愛を受け、白馬に姿を変えたポセイドーンに連れられて、アテーナーの神殿で契りを交わしてしまう。神殿を汚されたアテーナーとポセイドンの妻アンピトリテはこれに怒り、メドゥーサを怪物の姿に変えてしまう。これに抗議した2人の姉も、メドゥーサと同様の怪物にされてしまったという。

また、別の伝承によると、メドゥーサはその美貌を誇り、女神アテーナーよりも美しいと公言してしまい、これに怒ったアテーナーによって怪物の姿に変えられたとも云われている。

【容姿・能力】
メドゥーサの顔は非常に醜く、頭には髪の代わりに無数の生きたヘビが蠢き、口元にはイノシシのような牙が生え、舌はだらりと垂れていたという。背中には黄金の翼が生え、真鍮のかぎ爪を持っていたとも云われる。何より恐ろしいのは、見た者を石に変えるというメドゥーサの目であるが、この石化能力は首を切り落とされても尚、消えることはなかったという。
ペルセウスはメドゥーサ退治から帰る途中、その首を使って海の怪物ケートスを石化し、生贄として岩に磔にされていたアンドロメダーを助けている。
最後にはアテーナーに献上されたメドゥーサの首は、アテーナーのアイギス(盾)の中央に飾られ、これを最強のものにしたという。

また、メドゥーサの血液には特殊な力があり、医神アスクレーピオスはその血を用いて人を蘇生したと云われている。
メドゥーサの首から滴り落ちた血はペルセウスによって二つの瓶に集められ、アテーナーに献上されたが、右側の血管から流れて右の瓶に入った血には死者を蘇生させる効果があり、左側の血管から流れて左の瓶に入った血には人を殺す力があったという。アテーナーは後に、蘇生させる力のある血をアスクレーピオスに授け、後に医療の神となる名医アスクレーピオスは、この血を混ぜた薬を用いて人を蘇生させたという。

尚、石化された者を戻すにはメドゥーサの涙が有効だと云われている。

また、頭の蛇は「メドゥシアナ」と呼ばれており、引き抜いて単体で動かす事も可能だという。この蛇は女性に噛みつく事はできず、男性のみを狙うとされる。

【ペルセウスのメドゥーサ退治】
ペルセウスは全能の神ゼウスの子であり、ギリシャ神話に登場する半神の英雄である。ある時、セリーポス島のポリュデクテス王に、王の結婚のお祝いにゴルゴーンの首を持ってくることを約束してしまう。困り果てているペルセウスの姿を見た父ゼウスは、ヘルメスとアテーナーを遣わして、空を飛べる翼付きのサンダルと、青銅の曲刀、鏡のように磨かれた青銅の盾を貸した。また、途中に出会ったスクテュス河のニンフ達から、被ると姿の消える黒い帽子とゴルゴーンの首を入れる魔法の袋を手に入れた。さらにグライアイ(ゴルゴーンの姉妹)から目を奪い、脅してゴルゴーンの居場所を聞き出すと、そこへ向かった。

ところで、メドゥーサと同様に怪物にされた2人の姉たちは不死となったが、メドゥーサだけは不死ではなかった。
そのため、ゴルゴーン退治にやってきたペルセウスの標的は必然的にメドゥーサであった。
ペルセウスは、鏡のように磨かれた盾にメドゥーサの姿を映すと、その首を切り落とした。
すると、メドゥーサの首から滴り落ちた血は毒蛇に変わり、海に落ちた血は赤い珊瑚に変わったという。
また、身体から噴き出した血から天馬ペガサスとクリューサオールが生まれ、姉のゴルゴーンたちを呼びに行った。ペルセウスは姿の消える帽子と、翼のあるサンダルを使って逃げてきたという。
因みに、このとき生まれたペガサスとクリューサオールは、海神ポセイドーンとメドゥーサとの間にできた双子の子供であるという。

閲覧数コメント怖い
6,65110
  • コメント
  • 他の投稿

なんか、メドゥーサ踏んだり蹴ったりだな