勿来関(なこそのせき)は、古代から歌枕となっている関の1つ。江戸時代の終わり頃からは「奥州三関」の1つに数えられている。所在地が諸説ある上、その存在自体を疑う説もある。「なこそ」とは、現代語では「来るな」という意味。自殺者が多く、自殺者の霊が出ると言われている。

福島県いわき市勿来町関田長沢6−1
36.941664
140.8201
閲覧数コメント怖い
99510
  • レポート
  • スポットを探す

準心霊スポット地とも言える場所で
自殺の名所。ただいわき市には自殺の
名所は他にもあるし、中央部からなら
蓬莱橋の方が人気が高く、自殺者も
他に比べると少ない。
その結果、不気味な雰囲気こそ感じ
られるが霊に逢う確率は極めて低い。