付近にある電話ボックスにまつわる噂が多く、夜中に電話ボックスで電話していると幽霊が現れるや、電話ボックスの付近で、幼い女の子が遊んでいるなどと噂されている。

東京都八王子市にあるこの霊園は、都内でも有名な心霊スポットで、深夜の入口にある電話ボックスに現れるという女性の霊がその代表である。特に害はなく、すぐに消えてしまうらしいが、その霊が何を訴えているかは未だに明らかになっていない。
この八王子霊園は、都内でも有数の規模を誇っており、数多くの墓がここにはある。また、道路の脇にドンと広がる敷地に圧倒される人も多い。問題の電話ボックスであるが、数々の心霊スポットを巡ってきたM氏の話によれば、この電話ボックスは嫌な感じがすると話している。ここに限らず、電話ボックスやトンネルといった場所には、霊的なものが溜まりやすいと言われているのは、心霊マニアの間では有名な話である。理由の如何は不明だが、この霊園の電話ボックスもその例に漏れず薄気味悪さを醸し出している。さらに奇妙なことにこの電話ボックス、歩道のど真ん中に堂々と、さも意味ありげに設置されていて奇妙なものである。体験者は、この電話ボックスに入ると空気が重いと話しているが、他にも実際に現れた霊に追いかけられる、誘われるなどの様々な現象が確認されている。
霊園内における心霊現象は全くと言っていいほど報告されておらず、多くの死者が眠るという意味では、ここの霊たちは大人しいように思えてくる。しかし周辺ではそうはいかない。この場所は多磨霊園、東京霊園もある一帯で、これらの霊園では、数多くの心霊現象が報告されている。
八王子霊園における心霊現象は他に、電話ボックス付近で、幼い女の子が遊んでいる、電話ボックスで話をしていると幽霊が現れるといったことが報告されている。
主な目撃時刻も報告されており、午前2時(丑の刻)頃が特に多いとの話がある。
心霊ツアーと称して動画投稿サイトにも、この霊園を夜な夜な散策する映像が見られるが、その中には問題の電話ボックスの映像もある。電話ボックスの霊は映っていなかったものの、霊園内で聞こえる不気味な声が聞こえる映像もあり、前述した以外にも心霊現象はあるようだ。
この八王子霊園へのアクセスだが、JR・京王線高尾駅北口に降りて、バスに乗り継ぎ、1番乗り場西東京バスへ乗車、「霊園正門」停留所下車徒歩1分 という交通手段が整っている場所である。
この霊園は広大な敷地に整然とお墓が立ち並んでいて、その面積はひとつ辺り1平方メートル位のスペースになっている。こじんまりとした墓石には家名と家紋(存在していれば)が刻印されているようだ。見渡す限りの墓の多さに舌を巻くが、これだけの広大な墓地であるにも関わらず、となりの東京霊園の方が園内に
おける心霊現象は多いと言われる。地元に住む人たちの話を聞いてみると、東京霊園と八王子霊園を分ける通りで何かを感じたことがる、八王子霊園の門をくぐったあたりで気温がグッと下がるなど、いわくつきの話が多数ある。
八王子のこのあたりは、心霊スポットと言われる場所が多数あることでも有名で、特に八王子城址は全国でも有数の心霊スポットとして名高い場所である。なんでも、北条氏照が築いた城であり、戦国時代に多くの血が流された場所であるのだ。また、戦後は自殺希望者が列をなしてできたと言われるほどの自殺の名所でもあり、今でも多くの成仏できない霊たちがさまよっているという噂が絶えない場所でもある。それと比べれば、八王子霊園の死者たちは安らかに眠っているのだということができないだろうか。

東京都八王子市元八王子町3丁目2536
35.663627
139.268648
閲覧数コメント怖い
2,21800
  • レポート
  • スポットを探す