伝承では、将門の首級は平安京まで送られ東の市、都大路で晒されたが、3日目に夜空に舞い上がり故郷に向かって飛んでゆき、数カ所に落ちたとされる。伝承地は数か所あり、いずれも平将門の首塚とされている。関東大震災後の跡地に大蔵省の仮庁舎を建てようとした際、工事関係者や省職員、さらには時の大臣早速整爾の相次ぐ不審死が起こったことで将門の祟りが省内で噂されることとなり、省内の動揺を抑えるため仮庁舎を取り壊した事件などがあり、この地に対して不敬な行為に及べば祟りがあるという伝承が存在する。

東京都千代田区大手町一丁目2番1号
35.687551
139.762359
閲覧数コメント怖い
53900
  • レポート
  • スポットを探す