昔、宿場町を治めていた粕壁氏が、深夜に乱心の末に宿場町の遊女八人を切りつけて殺害してしまい、粕壁氏一族らが遺体を埋葬したとされる場所である。埋葬する時に、二度と人々の目に触れぬよう深い穴にしようと爆薬を使ったものの火薬の量が多すぎたため、遺体を埋めても沼のように窪地になったまま放置されました。その後、長い年月の間、たび重なる大雨や古利根川、元荒川の決壊による洪水から水が溜まり沼となったそうです。従って、きんぺどんの「きん」は禁じらた場所を意味する「禁」で、「どん」は爆発音の「ドーン」が由来だそうです。

埼玉県春日部市豊春
35.967983
139.726179
閲覧数コメント怖い
1,46200
  • レポート
  • スポットを探す