相模横山家の娘・照手姫は、ある日森の中で負傷して倒れていた若武者を助けたことで、二人は恋仲になるも、その若武者とは敵方の侍大将小栗判官であった。その後も二人の愛は深くなり、ついに照手姫は家を離れ、小栗判官のもとへ行ってしまう。ついには、小栗判官が照手姫の父である横山将監を殺した。といった内容の「小栗判官と照手姫」の伝説がこれ以外にも様々残されており、周辺に解説板や碑が置かれている。霊的な噂は確認されていないようである。

神奈川県相模原市中央区上溝
35.564449
139.353491
閲覧数コメント怖い
71200
  • レポート
  • スポットを探す