対決シーンや美術、雰囲気はいい

怪しい村で事件がおきると村民は「たたりじゃ」「ゆうれいじゃ」と騒ぎ立てるが実際はそれは違って誰か人間の仕業でしたなんてパターンがよくあるのですがこの映画については、「ゆうれいじゃー」って騒ぎたてる村民を前に、科学技術で真実をあばくジョニデが、真犯人をしょっぴく!とおもいきや、ほんとに幽霊でした・・・という。
そうですよねだってダークファンタジーのティムバートンが、犯人が人間だなんてそんなファンタジーじゃない話にするわきゃない。
そんなこんなで、最後らへんになってイッキに事態を把握できるんですが、流れとしてはそこそこよかったかと思います。
それにしてもストーリー上でクビが何度もハねられるわけですが、ティムはよくもまぁこんないろんな形のハネ方考えるなあと感心しました。
クビがくるくるって回転してポトンってのもよかったですけど、へたりこんだジョニデのこかんに首がシュート!ってのもよかったです。っていうか笑いました。
魔女役がミランダさんじゃなくていつものヘレナボナムカーターだったらもっとコメディ色出てたかもです。
ラストで風車が燃えるんですけど、一緒に見てた次女が「フランケンウィニーでも風車燃えてたよ」って指摘してて見終わったあとしばらく次女と”ティムが風車に恨みがあるに違いない。だから燃やしたいに違いない。
ではどんな恨みか” ってことを論議しました。
ティムが小さい頃風車におしおきで閉じ込められたんじゃないかとか、友達とかくれんぼしててケガしたんじゃないかとか。
ジョニデに関しては、今まではあまり考えたことなかったけどもうすぐアカデミーなんでつい考えたら、濃いキャラとかコスプレしてるキャラ以外にめだった功績がないんですよね。

主人公が何もしない映画

ジョニー・デップ演じる捜査官の性格描写が微妙だった。神経質な感じを出すために、ジョニーがする目の演技が何度も繰り返されるだけで、コミカルな部分のはずなのにまったく面白くないし、すぐ飽きた。

ティムがアニメーター出身で、ジョニーの演技も、アニメ的演出なんだろうけど、ただの痙攣に似て、見てるほうとしてはドン引きだった。

実写でアニメをやるというのは、あまり感心しない。

ジョニーが、一応科学的な手法を用いて事件にアピールしているという設定だが、結構ずさんで、しかも持ち出すガジェットのデザインがダサくて毎回役に立ってない。客を笑わせようとしたシーンだが、その描写のせいで前半ジョニーは聞き込みも現場検証も何一つできていないという印象を持った。

一方、村人は「魔術だ、魔術だ」と騒ぎ、ヒロインが魔術書を所持していることが序盤でわかるのに、後半までジョニーはそれに触れない始末。

このへんの流れで、何これ、サスペンス?ファンタジー?ホラー?と混乱した。

最後、今まで、ろくに描写されなかった犯人が急に存在感を増し、複線をすべて回収したとき、事件の流れを一応は理解したが、まっとうなサスペンスならジョニーが全部やることだし、その供述がじみすぎて魔法といった世界観がなければ見れたものじゃなかった。

ジョニーが玉の輿にのる逆シンデレラ的結末にわかるように、主人公が何もしない映画で、見た目が美しければいいという不愉快な映画だった。

レビュー投稿