ラスト20分の鳥肌演出がスゴイ

この映画はホラーではなくサイコホラーのジャンルですが、終盤でその理由がわかります。
主演はとてもかわいい女の子なんですが、何と言うか、この女の子変なんです。
とてもお利口ないい子なんですが、言い表せない不気味さが出てるんですよ。
引き取った里親も若干の不気味さは感じているようですが、いまいち気付いてないんです。
見てるこっちには危険なオーラがすごいんですけどね。

映画中盤になり、里親に引き取られてしばらくすると、予想通り意味深な発言や行動が始まります。
歯医者を頑なに拒否しだして、母親にあからさまな反抗をします。
なぜ父親にはいい子なの?なぜ母親には嫌悪な雰囲気なの?という恐怖感が高まりました。
母親への憎しみが行動に出た時は、女の子の冷たい表情にゾッとしました。
母親が大切に育てていた形見のバラをめちゃくちゃにし、自分の腕を骨折させるシーンは目を背けたくなります。
これほど異常な行動を見せておきながら父親にはとてもいい子なので、その豹変ぶりがホラーです。

終盤では女の子がなぜ孤児院に入っていたかが解明されます。
それらのシーンで、見ているこっちも少しずつ背景が読めてきますが、劇中の母親達は気付いておらずもどかしかったです。
更には父親にまでも豹変した姿を見せ始めるので、この家族に迫る危険をヒシヒシと感じました。
ハラハラしてようやくラスト20分、とんでもない思い込みをしていたことを思い知らされました。
予想もできないようなサイコな結末が待っています。
ラストでのどんでん返しはありきたりですが、この映画はそのどんでん返し予想すら裏切られるホラーです。

ヒリヒリハラハラしっぱなし

第三子を死産で失ったケイトとジョンは、孤児院から養子をとることにした。選ばれたのはロシア出身の少女・エスター。エスターは頭がよく、絵の才能に秀でた少女だった。首と手首にリボンを巻いていることと、アンティークなドレスを好むこと以外は、理想的な少女に思えたのが・・・。

物語としては単純。孤児院から引き取った少女・エスターが実は悪魔的な側面を持っていて、家族を不幸に導いていく、というストーリー展開は、「オーメン」を思い出させる。果たしてエスターは何ものなのか、家族はエスターから逃れられるのか、ただそれだけと言ってしまえばそれだけのストーリー展開なのだが、一つ一つのシーンが全て目を離せないくらい緊張感に溢れている。全く退屈させない。それほどショッキングなシーンが織り込まれているわけでもないのに、ヒリヒリハラハラしっぱなし。これはすごい。

世のホラーファンが大絶賛していると知り、当時はDVDの発売を心待ちにしていた。 ホラー映画というよりはサスペンス映画かなという気もするけれど、近年のホラー映画の中では突出した良作。ただ恐いだけでなく、エスターの苦しみも描かれているので、繰り返し見ることによってまた新たな意味を見いだせそうな気もする。

エスターの正体はあまりにも意外なもの。今回エスターの正体が分かってしまったから、続編を作る意味はないように思う。続編を作るなぞという馬鹿げたことはせずに、「エスター」のような丁寧に作ったホラー映画を作ることを期待する。

地味だからこそ痛々しい映像

何と言ってもエスター役の子役の子が物凄い演技力で、とにかくそれだけで最後まで楽しむことができました。

ラストのオチは反則だろっていうSF的な展開なんだけど、それも許せちゃうくらい、迫力のある恐ろしい演技をする子です。

イザベル・ファーマンという子で、これからが楽しみです。

何と言っても黒髪の西洋顔美人は大好物なので(笑)。

途中もなかなかショッキングな展開が続き、地味だからこそ痛々しい映像が各所にありました。

それを子どもがやるから怖い。

しかも、もっと小さな子どもが見ている前で、平然とやるから怖いです。

一番下の妹は、耳が聞こえず話せないという設定なのですが、だからこそ目での演技が要求され、それを見事に演じきっている小さな女優さんにも感服です。

二人の素晴らしい子役女優さんが出会ったからこそ完成した作品だと言えるでしょう。

パパの馬鹿っぷり、息子の思春期だけど実は健気で家族思いなところ、そして何と言っても精神科医がショボいという他の人物たちも、わかりやすい役どころで悩まずに済みました。

オチが本当にギリギリなネタだから、賛否両論になるだろうけど、私は「まぁ、こういうのもアリか」と許せてしまいました。

それまでのいろいろな残酷描写が素適すぎた!

エンディングのスタッフロールも好きだなぁ。

ストーリーを見ていたときはエスターに恐怖しか感じなかったけど、スタッフロールをじーっと見ていると、彼女が背負った苦しすぎる運命が切なすぎて、哀しい気持ちになりました。

エスター 少女はなにを隠していたか?

エスター。絵が上手く、聡明で、少し不思議なクセのある九歳の少女。

孤児の彼女の過去には常に周囲の人間たちの不審な「死」があった。

その娘の秘密を、探ってはならない。

三人目の子どもを死産してしまった主人公夫婦。その心の傷を癒すため、彼らは養子を探して孤児院を訪れる。妻はそこでひとりで絵を描く少女と出会う。暖かなその絵のタッチと真摯にキャンバスに向き合う彼女と言葉を交わし、夫婦は彼女を養女とすることを決める。

彼女にはいくつか不思議なクセがあった。必ず鍵を掛けて入浴し、首のリボンを外そうとすると錯乱寸前になる。また、ジーンズなど活動的な服装を好まず学校にもお人形のような衣服で通学した。その格好からクラスでは浮いた存在となり嫌がらせなども受けるのだが、彼女にそれらの行為を働いた生徒たちは必ず悲惨な事故に遭う。

一方彼女に夫婦の営みを目撃されたことから、妻へのエスターの敵意、悪意、害意は激しさを増していく。

エスターを不気味に感じ始めた妻は彼女の過去を調べ始めるのだが・・・。

単純にサスペンスとしても面白い。

私は最初、エスターが人外的な存在だとばかり思っていた。

エスターが夫婦の夫に興味を抱くのと同時に、妻はどんどん彼女の策略によって追い詰められ周囲から孤立する。この辺りは妻に感情移入していると辛い。作品の季節が曇り空と雪の多い冬なのがまた閉塞感と孤独を煽っている。

真相が判明するとあらゆる疑問が解ける。無理がなく、それでいて意外なネタばらし。

彼女が絵を描くことを好んでいたのは何故だったのだろう。孤児院のシーンの絵にもおどろおどろしいモノが隠されていたりしたのかもしれない。彼女は自らの本性を「塗り潰す」ことでエスターという少女として生きていたのだから。

ちなみにDVDにはもうひとつのエンディングが収録されている。個人的にはこちらの終わり方もなかなかホラーっぽく好み。

女の恐ろしさ

この映画は良い意味で期待を裏切ってくれました。

古典的な設定から始まるところは「らしい」のですが、そこからまさかここまで恐ろしい思いをするとは思いませんでした。

娘を死産で亡くしてしまったトラウマを持つ母親が主人公です。

この母親が亡くしてしまった娘の代わりに孤児院へ養子を見つけに行くんですが、その時養子になるのがこのエスターというわけです。

で、このエスターがなんとも恐ろしい娘なんです。

なんといっても、夫婦が夜のお勤めをしていると必ず登場するんですね。

しかも、行為のアドバイスをするわけでもなく、苦々しい顔で横切ったりするんで、夫婦は居心地が悪い思いをします。

最初は嫌なマセガキな程度のエスターですが、次第に本性を見せ始めるとドンドン怖くなってきます。

そして、その怖さの臨界点はこちらの予想をグングン上回っていくのです。

全体的にとてもよく出来ているスリラーなんですが、それを普通の水準以上にしているのはエスター役の子役の演技でしょう。

まだこの若さにして、女の恐ろしさをこれでもかと表現しています。

きっと長じてからは大竹しのぶみたいな個性派女優になるんでしょうね。

後で冷静に考えると、基本はホラーの典型をなぞったものだし、斬新な部分よりは古典的なところが多かった作品なのに、なんでこんなに怖かったのか不思議です。

やっぱり子供(エスターも実子も)の存在が大きい気がしますね。

子供がヒドイ目に遭うのは、理屈ぬきでキツいものです。

人間の怖さ

日本では、2009年に公開されたアメリカ製作のホラー映画です。

3人目の子供を流産してしまったコールマン夫妻は悲しみを癒すために孤児院からエスターという賢くて魅力的な9歳の女の子を養子として引き取ることにします。

その女の子を養子にしたことからコールマン家には恐ろしいことがおこりはじめるのです。

まず、見終わって思ったことはシックスセンスいらいの衝撃のラスト!!ということでした。

勘が良い方ならうすうす気づくのかもしれないのですが、

私は全然気付きませんでした!

そして、エスターの不気味なこと・・・

(エスターの子役の子の演技力には、驚くやら感心するやらでした。

エスター役の子役さんは、イザベル・ファーマンという方だそうです。

とっても美人で魅力的な女優さんです。

最近では「ハンガーゲーム」などに出演されているみたいです。)

そもそも、1人も子供さんがいないから養子をもらうならわかりますが、上に2人の実子がいるにもかかわらず、養子をもらう気持ちが日本の感覚かもしれませんがよくわかりませんでした。

養子にエスターに来てもらわなければあんなに恐ろしいことは、起きなかったのに・・・

アメリカでは普通のことなのでしょうか。

ジワジワ・ゾクゾク、幽霊とかエイリアンみたいな怪物とかではなく、見た目はフツーの人間の恐ろしさが伝わってくるホラー映画です。

退屈することなく、最後まで目が離せず最後までみることができると思います。

人間の恐怖が感じられます。

最後まで不気味な映画で、目が離せません

エスターという名前の女の子の話しですが、9歳なのでまだまだ子供ですが、妙に悪知恵が働きます。

両親が焼死し、孤児院に預けれていた女の子を養子としいて夫婦が迎えいれます。

すでに2人の子供がいるのですが、3人目が死産となり、悲しみを埋めるためです。このあたりではエスターは頭の良いところをアピールし、夫婦を魅了します。子供は兄と妹がいますが、妹は聴覚に障害があります。最初にこの妹がエスターのことを疑います。子供は独特の感性があり、自分たちと違うことにきずくのだと感心した。女の子はこういうところが男の子と違います。しかし2人ともまだ小学生なので、なぜかエスターのいうことに逆らえません。このあたりから、不気味な雰囲気がただよってきます。

孤児院のシスターが家にやってきますが、事故を起こさせ、金づちを頭に振り下ろします。とても9歳の女の子がする行動ではありません。

この辺でやっと母親がエスターの異常に気が付きます。ちょっと遅すぎないかというところです。

相変わらず夫の方は、エスターがかわいそうな孤児であると信じていて、かばいます。家族の立場や役割が良く描かかれていて、共感してしまいます。

小屋に兄をとじこめ、火を放します。何とか脱出した兄の頭に石をふりかざしたときに、妹が助けるところはジーンとしました。幼い姉妹が助け合うところは、涙がでそうになります。

この辺で、エスターは実は9歳ではなく、34歳であることを知った時、衝撃を受けました。やっと不気味さの正体がわかりました。

最後に凍った池で妻とエスターが争いの末、2人とも割れた池に落ち、妻だけが浮上したところで安心しました。がその直後にエスターが子供の声で助けてとささやくところが一番の恐怖を感じました。

エスター役の女優が子供にも見え、化粧するところは大人にも見えるので、さらに怖さが増しています。

子供の恐怖

実子を流産した経験のある夫婦が、エスタ—という名前の女の子を養子として迎えいれるのですが、それ以来様々なトラブルに見舞われていく、というホラーサスペンスです。

だんだんと明らかになっていくエスタ—の狡猾さに翻弄され、しだいに対立していく夫婦や、恐怖によって次第に支配されていく難聴の夫婦の娘などの関係が中盤まで描かれていきます。

後半になるとエスタ—の謎が明らかにされ、物語が一気に進んでいきます。

前半から中盤は少し展開が遅いので、夫婦げんかをずっと見せられているようで中だるみしてしまいます。前半のエスターの良い子供としてのエピソードがより印象的で後半とのギャップが表現でき、さらに中盤あたりでもう少し山場があれば良かったのにな、と思います。一方でエスタ—の正体をさぐる妻と、それを阻止しようとするエスタ—との駆け引きと言ったサスペンス要素は緊迫感がありおもしろく描けています。

なんといっても最後に明らかとなるエスターの正体が衝撃的です。そしてエスターの部屋に隠された秘密は彼女の異常性を端的に示していて映画の中でかなり印象に残る部分となるでしょう。伏線がしっかりとはってあるので注意深く見ていると勘のいい人なら正体に気づくかも知れませんが、それでも脚本のすばらしさに感心すると思います。

演技についても特に子役のエスターと難聴の娘はとても自然で話に入り込みやすいことでしょう。それに比べると大人の方は少し印象が薄いかもしれません。

レビュー投稿