レザーフェイス初登場!伝説の作品。

正直言って、なんで日本ではレザーフェイスよりもジェイソンのほうが人気があるのか。。。
この映画を一度みてもらえばわかるが、その恐怖たるやジェイソンの比ではない。
人間の生皮で作ったマスクを被った巨大な男が、血まみれになったチェーンソーを振り回して追いかけまわされるシーンはトラウマ以外の何物でもない。
しかも、殺人を楽しんでいるというよりは、どこか人間臭いのもまた怖い。殺そうと追いまわしてる途中、相手の悲鳴に驚いてしまったり、チェーンソウで殺した後に、塞ぎ込んでみたりと妙に人間くさいのもまた、これが本物の殺人鬼なんだというリアリティも生んでいる。

また、劇中に幾度となく登場する恐怖演出の執拗さといったらない。
女性の目を写すホラー映画おきまりのカットにしても、目、瞳、瞳孔、毛細血管と、いったいどこまで写すのか、もうやめてほしいと思わさざるおえない恐怖演出が見る者をどこまでも追いまわすのだ。

正直、この映画を見たあとに「13日の金曜日」や「ハロウィーン」「エルム街の悪夢」などを見ても何も怖くない。正直、これと並ぶのはスティーブン・キング原作のホラー映画『IT』ぐらいのものだろうが、キャラクターの立ち方でいえばレザーフェイスが何枚も上手なため、やはり悪魔のいけにえが勝っている。

日本でなぜそんなに知名度がないのかはわからないが、アメリカではもはや定番キャラクターとなっており、ハロウィンでのレザーフェイスの仮装は目立つ。

しかし、そんなレザーフェイスは、実在した本物の殺人鬼を題材としているのだから、果たしてここまでアメリカで人気というのはどうしたものか。。。。

殺しが彼らの日常

途中で何回見るのをやめようと思ったことか、退屈でとかでなく恐すぎてという理由である。

殺人鬼が出てくるまでの若者達の「田舎に泊まろう」テイストなノリの時から既に不穏。何でお前ら家に着くまでに明らかな不審者に遭遇してんのに帰らないの?

これが旅行に来たときの、「せっかくここまで来たんだから思いっきり楽しんじゃえ」型「帰らない理由」ですか?

ホステルでもそうだけど、旅行の時の「恐い思いもするかもしれないけど、いい思い出になるね」という侮りは映画において死を意味する。

最初のヒッチハイカーの件が恐怖を煽るという点において非常によい機能を発揮しているよね。あいつの謎の自傷行為と急に剃刀で切りつけてくる件が視聴者に恐怖を段階的に感じさせるということに成功している。

彼の件が過ぎたあとはジョーズでいう気配は感じるけど襲ってこない感じが続くのである。ジョーズと違うのはその静穏が急に終わることである。そう、何の前フリもなしに…

ドアが閉まった瞬間、何かも考えることができない時間が何秒かあった。来るのはわかっていたし、最早伝統芸とも言える演出なのに。

女性人の悲鳴が本当に最悪の主旋律を奏で、チェンソーの音がリズムを取る。最悪のオーケストラがここにあるのである。

一番ビビッたのはおじいちゃんの指ちゅぱちゅぱである。完全にコメディなのに状況がそれを許せない。

正しい順番で、恐いもの、嫌なものを見せられるとここまで恐いのね。楽しかったよ。悔しいけどな。

ホラーで初めて感動を覚えた作品

最近、13日の金曜日を一通り見終わりました。

面白かったけど、別にそこまで怖くなかったなーと思いつつ、ネットでレビューなど見ていると、

「チェーンソーを持って追いかけてくるのはジェイソンだと

勘違いしている人が何故か多いが、

それは悪魔のいけにえのレザーフェイスのことだ!」

と言っている人が多かったので、

それならばこちらも観てみよう!

という事で、レンタルで鑑賞。

確かに13日の金曜日も良いけれど、

比べ物にならないくらい、この作品は

初めから終わりまで奇妙で、理不尽で、不気味で、

もういい、もういいよと何度も思いながら観ました。

画面の端から端まで、気迫すら感じるような造りの

レザーフェイスの家の中。

「異様」を愚見化したような「本当にヤバイ」人たち。

真っ暗な森の中、

絶叫しながら、涙を流しながら、

どこまでもどこまでも逃げ続ける

女性の演技に圧倒されました。

ホラー映画好きになってまだ長くない私ですが、

私にとって怖いものと怖くないものの決定的な違いは、

感情移入の対象である主人公が

どれだけ絶望的な状況に陥るか、という事です。

仲間をみんな殺されて、

デカすぎるおっさんが殺す気満々で追いかけてくるなんて、

絶望以外何にもありません。

「いや、ここでなぜその行動をとる!?」

みたいなツッコミを入れている暇なんてまったくない!

もう、観ているこっちが叫びたいくらいでした。

ラストシーンの光景は、

こんなに美しいホラー映画があるなんて、

とものすごく胸が震えました。

あまり人には言えないけれど、

一番好きなホラー映画かもしれません。

でも、一人じゃ絶対観れません。

レビュー投稿