中国ならではの独特な描写

タイトルの面白さに魅かれて10代の頃にビデオでレンタルして観ました。お化け系・不思議系のお話かと思ったのですが、殺人鬼のお話です。
大人になってから知ったのですが海外で実際にあった事件をモチーフにしているそうで、マカオが舞台です。
事件のモチーフにしてはリアルでやり過ぎな殺人の描写ばかりです。最初から犯人が分かっていて、基本的には犯人目線でお話が進みます。
相手が子供でも女性でも平気で斧のようなものでとんでもない部分を切ったり、今でも忘れられないほどに過激で残虐な描写があって脳裏から離れないほどでした。
映画でここまで生理的に辛くて目を覆いたくなる場面があるのも珍しいです・・。
一番覚えている場面は、犯行に気付いた飲食店の店員の女性が犯人に暴行され、弱っているところを更に襲い、最後には女性の陰部に何か差し込んで殺した場面でした・・・。
机の下から見ているアングルだったのが余計に忘れられません。とトラウマになるほどでした!道徳的にどうかと思える場面がたくさんで、よくこんな映画を制作できたものだと驚いてしまいます。日本でも、欧米でも、ここまでの映画はあり得ないのではないでしょうか。
また、タイトルの通りに、殺した人間の体を飲食店でまんじゅうに加工して提供している、という描写も吐き気がします。それを美味しそうに食べるお客は、他の中国作品のようにちょっと抜けているようなキャラで描写されている所が、なんともギャップを感じて恐ろしいです。
欧米の残虐な映画には慣れているつもりでしたが、この映画はさすがに耐えきれないほど鬼畜です。女性は見ない方がいいかもしれません。
二度と観たくないほどに、気分が悪くなる映画でした!

伝説の人肉饅頭

実はアルバトロスという事で、作中に多少端折りがあってもそこは手加減して観てやろうと思い甘めの視点で観始めた。
しかし腕や足といったバラバラ死体もB級映画の割には大変凝った作りで、弾力感や時間が経って腐敗して膨らんだ質感がとても良かった。
肉を切る寸前まで実際の人間を使うあたりも上手く繋げていると思う。
そして何より私を納得させたのは、主人公の容疑者が刑務所に入れられてからのあの惨劇である。
刑務所では被害者の弟に死亡寸前まで暴行を加えられ、自分の動脈を噛み切って病院に運ばれた後も次は刑事達にとことん薬を使ってまでも痛めつけられる。
本来人殺しというものはこれくらいの肉体的罰を受けるべきなのだ。
現在加害者の人権も守るべきといった考えが社会に蔓延しているが、その考えを払拭するかのような潔い描写である。
一家殺害を犯した容疑者がその身内に徹底的に痛めつけられる、こういった映画はあまり見当たらないので今回はとても清々しく見る事ができた。
あそこまで痛めつけられるシーンを見せ付けられると段々あの主人公が逆に可哀想に見えてくるのだが、そこで殺人犯という考えが挿入される事によってまた納得にいく場面に早変わりするのだから人間というものは恐ろしい。
首を傷付けられた看護婦が仕返しと主人公の背中に水を注入して人工的に水ぶくれを作らせる場面も痛々しいのだが、因果応報という考えをもってこの場面を見れば納得のいくものとなる。
何回も言うようだが、この映画では殺人犯という人種を誰一人擁護しようとはしていない。
社会的罪を犯したものを徹底的に尋問を敢行し、徹底的に復讐し、徹底的に痛めつけるのだ。
偽善者に侵食され尽くした映画が多い中、今回はとてもいい映画を久し振りに観た。
アルバトロスもたまにはいいものを作るじゃないか。

レビュー投稿