ぜひ観てくださいと言える作品ではあります

ラフカディオ・ハーンの名作「怪談」の映画。 小林正樹監督、入魂の傑作。色がすごいきれいな映画です。オムニバス形式で構成。
小林正樹監督といえば、まず絶対反射的に出てくるのは「切腹」(爆)そして「上意討ち」など、モノサシできっちり構図を割ったような息苦しさ全開の時代劇がレアなのだが、この「怪談」は邦画がいよいよ斜陽・消費産業に突入してしまった時代に、なんと監督が自宅を抵当に入れてまでも撮り切った華生の大作。
「黒髪」「雪女」「耳なし芳一」、エピローグの「茶碗の中」など、おなじみの日本情緒の世界に役者・芝居・セット美術の執念が一塊になって挑み・シネスコ画面を埋め尽くした絶賛の逸品。
「耳なし芳一」など、石塔の数にあわせて平家一門の亡霊が出現するさまは、壮絶と惜敗の無念が紙一重になって醸成され、息を呑む。
特記すべきは岸恵子の氷塊演技が絶品の「雪女」、この国内DVDでようやくこんにち復活したパート。このタイミングで初鑑賞できたのが幸運だった一本である。
なくなる間際の監督さんは、この映画の全尺プリントの所在を殊のほか気にしてたそうだが、いまやこのように人口に膾炙して、安らかに安堵されることであろう。
この映画を製作したことによってこの制作会社は倒産したそうです。
その後、版権をアメリカに渡してしまったため日本ではずっと観られなかったのがやっとDVDになりました。まだの人、ぜひ観てくださいと言える作品ではあります。

レビュー投稿