いわく付きの現場

タイトルから読み取れるように、淳二がいわく付きの現場に向かい、独自の稲川視線で現場を検証するのである。
流石に淳二1人ではアレなので、ピチピチの女人を引き連れての検証である。女人の悲鳴などで、恐怖感を煽る仕組みなのであろう。まぁ女はオマケみたいなものである。
様々な怪奇現象も収録されてしまっている。冷静にナレーションが語るんだが、中々怖いものがあった。
そして、こんな所で稲川トークかよという感じで暗視カメラを使用しながらエピソードを楽しむ。
そしてアシスタントの女2人を恐怖に駆り立てておいて、現場にテントを立てて一泊二日。淳二は少し離れた所で様子を窺う。
まぁ、様々な現象が起こるのだ。此処で語っては面白くない。
 気になったのが女のダサいフリースである。黄色いのと桃色、極端に短いホットパンツみたいなの履いておる。1900年代の匂いがする。DVDリリースが2003年。
ビデオもあったので、おおむね2000年ぐらいには撮影していると思うんだがな。
稲川淳二は霊に取り憑かれたりしないのでしょうか?!
アシスタントのアイドル達(流石に稲川さん一人だと花に欠けるから?)は演技では無く本当に怖がっているっぽいし……。霊と意思疎通をする事が出来て感動の余り号泣する稲川淳二。稲川淳二には浄化能力とかは無いのかな?淡々と取材が続きまして!変に恐怖を煽ったりするような演出はされていないので怖がりな方も大丈夫となっております。
ああ、後はおなじみの心霊写真もある。お待ちかねである。これも面白いものがあったので必見かと。

レビュー投稿