亜流

そういえば以前「13日の金曜日」シリーズで超能力少女vs.ジェイソンっていうのがあったけどそれの亜流ね。
今回は怪物同士を戦わせるっていうスタイル。
でもお話の展開からいうと、忘れ去られそうになってテンパったフレディがジェイソンを利用して、再び殺人鬼に返り咲く策を練る、というフレディ主導型。
フレディ、なかなか表情豊かで喜怒哀楽がはっきりしてて可愛いです(笑)
いつも怒ってばかりに見えるジェイソンに比べたらわかりやすいキャラと言えるかも。
せっかく眠りについていたのに母親の幻影まで使って無理やり蘇らせられたジェイソンは本能の趣くままに大暴れしてしまうんだけど(まあ、当然の成り行きですよね)自分の獲物まで横取りされて怒り狂ったフレディとの間で戦いが始まるんですな。
そこに巻き込まれるのが男女数人の若者。
ご多分に漏れず、色っぽいシーンも出てきます。
これってやっぱり「サービスカット」ってことなのかしら(笑)
でもせっかく色っぽいシーンで興奮しても、すぐに血まみれなシーンが待ってて水差されると思うんだけどな。
問題のジェイソンとフレディの戦いですが。グロいとかバイオレンスとか言う前に、ものすごくアニメチックで大袈裟でコメディタッチ。
色んな仕掛けを駆使して思いつく限り遊んでます。
お話には突っ込みどころも満載です。
なんでゾンビのような殺人鬼ジェイソンに精神安定剤が効くの?とか
殺しても殺しても死なないはずの両者が結構あっけなく事切れるのはなぜ?とか(やっぱりね、みたいなエンディングにはなりますが)夢の中でしか活動しないはずのフレディがなんで現実世界に出てくるのか?とか(エルム街の悪夢はいまだひとつも見た事ないのではっきりしたことは言えないけど)
でも、このむちゃくちゃな話の前では全部どうでもいいことなのかもしれない(笑)
フレディは火が怖くて、ジェイソンは水が怖い。
これもなかなか面白い対比だし。
どうせならもう心ゆくまでふたりで戦っておいてほしいものですな。
どちらも不死身だし、キリがないし、エンドレスな戦いになること必至ですが。

真面目に作っていて好感がもてる

ご存知、「13金」のジェイソンと「エルム街」のフレディという、ホラー映画界の大物スター同士がついに激突する娯楽ホラー。

同じコンセプトで「エイリアンVSプレデター」があるけど、こちらの方が良くできている。

すっかりエルム街の若者たちに忘れ去られ、復活できないフレディ。そこでジェイソンをけしかけ、連続殺人をおこして自分の存在を思い出させようと画策する。

しかし、いつしかジェイソンはフレディのコントロールを離れ、大暴走。キレたフレディと暴走ジェイソンがあいまみえることとなる。果たして勝つのは、どちらのホラースターか!?

子供が思いついたようなお話を、かなり面白おかしく、かつ真面目に作っていて好感がもてる。

ひとつのスラッシャーホラーとしても中々どうして良くできていて、ジェイソンの起こす殺戮場面は、かなり大胆で殺人鬼系が好きなファンなら納得できるレベルなんじゃなかろうか。

寡黙なジェイソンと、おしゃべりなフレディのキャラの対比もちゃんとしており、キャラの噛み合わせも相性が抜群。

ヘヴィな攻撃の応酬が炸裂するクライマックスの二人の対決は、ボテチでもつまみながら「やれー!そこだー!」とか言いながら軽いノリで鑑賞するのが吉。

観ているこちらは真面目に観る必要はないけれど、作り手の真面目な情熱が、ちゃんと「娯楽としてのホラー」として結実していると思う。

ロニー・ユー監督はこの作品を作るまでエルム街も13金も知らなかったそうですが、それでも彼が好きで作ったんだなぁーという感じがする映画です。

レビュー投稿