ナイト・オブ・ザ・リビングデッド

ゾンビ映画の歴史的傑作

「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」は、ジョージ・A・ロメロ監督によるゾンビ映画の古典的傑作です。どうも土葬である欧米圏は、こういう死人が生き返ってきてゾンビになる、というような話が多いみたいですね。父親の墓参りに兄と一緒に行ったバーバラは、ゾンビの群れに襲われて兄を殺されてしまいます。バーバラは近くの民家に逃げ込みますが、そこには黒人青年のベンや、中年夫婦、重傷を負ったその娘などが次々と逃げ込んできます。そして、民家の周りはゾンビの群れに囲まれてしまいます。外部と全く連絡が取れない中で、ゾンビに囲まれている民家で一夜を過ごすことになったバーバラたち。ゾンビたちは、人間を喰い殺しています。民家の周りに集まってきているゾンビたちは、そこにいる人間の肉を狙っているのです。今にも侵入しようとするゾンビたちと戦いながら、何とかして安全な場所に移ることを考えようとするベン。彼は勇敢にゾンビたちと戦って、彼らを何とか食い止めようとしています。民家にこもっている人間たちの間でも、避難の方針について意見の対立があったり、自分中心の行動を取ろうとする人がいたりします。ひたすらゾンビにおびえるバーバラ。闇にうごめくゾンビたちの群れが本当に恐ろしいです。それでも何もしなければソンビたちに喰い殺されてしまうので、ベンは冷静に勇敢に対応し戦っていました。孤立した状況で、ゾンビに囲まれ、絶体絶命の彼らは、生きのびることができるのでしょうか?ちょっと救いのないラストでしたが、ゾンビの恐ろしさはとてもよく伝わってきました。

ゾンビ映画の原点

ゾンビ映画の原点となる作品ですが、本当普通でした。

一番引っかかったのが、登場人物が無駄に多いんですよね。

一つの家の中に逃げ込んで、その家を死守するのが大体の流れなんですけど、ストーリーに上手く関与しないのにその家に逃げ込んでいる家族がいたりして、間違いなくやられる為に出してるというのが見え見えで、現にやられますからね、本当微妙でした。

ある程度主人公に関与していないと所詮脇役なんでやられても特に何も思わないんですよね。家族に食われるという起こっている事はかなり悲劇的なんですけどそこまで丁寧に描かれてないんでピンとこない、なんかもったいないです。

けどもし現実にこんな事が起きてしまったら本当に嫌ですね。ゾンビも嫌なんですけど人間の本性もむき出しになりますからね。そういう部分は良く描けていて、いがみ合ったりリーダーがどうとかめんどくさそうな感じは凄い伝わりましたね。

黒人が主役なのも凄いんじゃないですか。この時代だと特にそうだと思います、ホラーじゃ真っ先に死ぬのがセオリーですからね。

ただ正直ラストは何を言いたかったのか僕には理解できませんでしたね、なので僕の中ではああいう風にする必要があったのかも一切謎です。

”ゾンビ”という概念が生まれた記念すべき作品ですが、ゾンビって道具使えるんですね、全然知りませんでした。正直客が違和感感じようとゾンビを作ったのはロメロですから。これからロメロがどんなゾンビ映画を撮ろうがそれがゾンビなんですよね。この揺るぎない事実は本当に凄いですね。

レビュー投稿