美しい夜、残酷な朝。

いい題名だ。美しい夜、残酷な朝

いい題名だ。美しい夜、残酷な朝。美しい夜、残酷な朝は三人のアジアを代表する監督たちによる短編集。
パク・チャヌク監督による「Cut」、三池崇史監督による「box」、フルーツ・チャン監督による「dumplings」。
どの作品も40分程度であり、共通してダークな空気を漂わせている。
三作品とも監督の色が出ており、違った面白味があるのだが、個人的にはパク・チャヌク監督のCutが一番面白かった。
至極簡単にあらすじを説明すると、異常者によって拷問される妻と、それを目の前で見せられる男の話。この異常者を演じているのがイム・エホニという俳優なのだが、彼の演技が素晴らしい。人間味を見せているくせに感情が読めなくなっている。怖い人とはまさにこんな感じなのだろう。
ただ、残念なことにオチがよくわからない。しかも三作とも全部。
短編だから仕方ないというレベルではなく、本当に意味がわからない。もちろんそれは観客の解釈に依拠する映画として一つの意味を持つのだろうが、三作ともそうだと少し疲れてしまう。見た後に何かしら納得出来る部分を持たしてくれないと鑑賞後がすっきりしないというもんだ。
三作とも途中まで良かっただけに非常に残念なところ。
ん~、監督たちそこまで本気出してないのでしょうかねぇ…。
人の欲や業、夢が軸に卑しくも、哀しく展開します。
好き嫌いがハッキリ別れます。分かりやすく、はっきりした結末の好きな方にはオススメしません

個性派監督3人によるオムニバス映画

韓国、日本、香港でそれぞれ活躍する、個性派監督3人によるオムニバス映画です。ジャンルはサスペンス・ホラーといった感じで、化け物は出てきませんが、化け物のような人間が出てきます。

一話目は韓国のパク・チャヌク監督です。彼のどの作品ハードコアなバイオレンスが炸裂する面白い映画です。

イ・ビョンホンが主演するこの話も、暴力描写はかなりのものです。この話で彼は気持ちの悪い男のストーカーに大変酷い目に遭います。

ただ、全体としてなんとなくユルイ感じがするというか、ブラックなコメディーを目指したのかもしれませんが、サスペンスとしてもコメディーとしても中途半端な気がしました。

次の話は日本の三池崇史監督です。

個人的に「インプラント」はまあ面白かったですが、あまり信用はしていない監督です。この作品は終始しみったれた感じが続く不快な内容でした。貧乏臭くて、湿っぽくて、不幸な子供が出てきて、ロリコンの渡部篤郎が出てくるという、これ以上ないほど日本映画らしい話ですが。

最後の話は、香港のフルーツ・チャンという可愛らしい名前の監督です。僕はこの監督の映画は初めてでしたが、他の作品も是非見てみたいと思いました。この中では一番パワフルで面白く、かつ残酷で気持ち悪い内容でした。

オムニバス映画というと、あまり力が入っていなかったり妙に実験的だったりしがちですが、この作品はどれも力が入った作品ばかりです。監督の個性も強く押し出されているため、話によってはかなり好き嫌いがあると思います。

レビュー投稿