確実にやらなきゃよかった一作です

『デスノート』は原作大好きで、映画版も前後編ともに松ケンなかなか良かったとおもいます。
色んな人が言ってるように松ケンのLは特にすごかった。
風貌だけでなく仕草や話し方、醸し出す雰囲気まで完璧に原作のLになりきっていて、あの役を実写でやれる役者がいるのかと心底驚きました。
その松ケンLを主役にしたスピンオフってことですが、デスノートの話は完結しているしあんまり期待はせずに観てみました。
結果、期待してなかったにも関わらず想像を超えるガッカリ感。。
松ケンは前2作と変わらずLを熱演してますが、他の出演者やストーリー・演出が悉くカスでした。
何とか不気味さを出そうと顔にこれ見よがしな傷の高嶋政伸、全く聡明に見えない工藤夕貴、理由もなく無駄に残虐でドヤ顔連発のナイフ女など、何コレ?って人ばっか。
極めつけは中盤から唐突に登場するFBI捜査官のナンチャン。
てかナンチャンがFBI捜査官てw
邦画史上最大級のミスキャストw
滑舌・演技ともにこの映画の中で一番スリリングでした。
そしてこんな演技にOK出してる監督のセンスに心底驚きますわ。
松ケンが頑張って演じているLの魅力が全て殺されてしまってます。
Lが走るとか、チャリ乗るとか、メイドカフェ行くとか、一部のミーハー女子ファン向け同人誌的シーンてだけでしょ。
くだらない。
あまりに馬鹿馬鹿しくて途中からどうでも良くなっちゃった。
確実にやらなきゃよかった一作です。

レビュー投稿