現代版・キョンシー

現代版・キョンシー。  
僕はこの作品と、霊幻道士3 で一気にラム・チェンインが好きになりました。と、言っても初めて見たのは学生の時ですが・・。あの黄色い服、ほしいなぁ~!
本当は、霊幻道士3 キョンシーの七不思議(妖術使いが出てくるやつ)の方が好きです。
しかし、こちらも面白い!特に、1.2.3と共通して丸めがねをかけたダメ男を演じているビリー・ロウが出演しているので、彼を見ているだけでもかなり楽しめます。
彼がランプを持ってふざけているシーンは、何度も巻き戻しをしては、見て爆笑してました!しかも一人で・・・。
作品自体は、何十年も眠ってたキョンシーなのに、服がスゲー綺麗なままっだったり、ふとった人間の兄妹がでてきたりと、色々チャチャを入れたいこともあるけど、とにかく面白い、そしてコワイ!
「現代に現れた、キョンシー」このキャッチコピーに惹かれたら、ストーリーも、テンポよく楽しめる作品ですので、間違いなく見ましょう! そして、あなたもキョンシーの虜になります! 
そうそう、スローになっちゃう薬を使うのも、この作品です!個人的には好きなシーンと嫌いなシーンが混在していて評価が難しいのですが、やはりどうしてもキョンシーの家族愛や、ベビーキョンシーと人間の子供の友情劇は見ていてむず痒く、このシリーズに相応しくない要素であるように思えてなりません。まぁ家族連れをターゲットにヒットを狙ったという戦略は理解出来ますが、こういう子供向けの要素は個人的にあまりいただけない。
その他に関しては特に文句はありません。
中盤の道士登場シーンから興奮度MAXでラストまで行きます。名場面はやはり緩慢剤(日本の芸人がたまにネタにしてます)と大通りを飛び跳ねるキョンシー夫婦でしょう。

レビュー投稿