とんでもない展開

いやー。伊藤英明すごい。
まず、目がやばい。本当にサイコ・キラーなんじゃね?と、思わせるあの目。
黒目がもともと大きいのかな?共感能力のないサイコパスに見えるから演技・・・うまいねw
殺戮シーンがもうすごい。猟銃で人を撃つときに人が吹っ飛んだり、ぐちゃぐちゃのめちゃくちゃ。もちろん子供には見せない方がいい映画。でも、大人がエンターテイメントとして、楽しむ分には面白い。
なんか音楽に合わせながらノリノリで殺して行くとことか、その音楽が耳に残り、たまに口ずさんでしまうほど。面白い。
猟銃をぶっぱなしながら何人も殺していくのってたぶん体力がすごいいると思うんだけど、スゲー元気。普段から鍛えてるから(裸で)全然余裕。
きっと、アドレナリンとかも出てそうな、軽快な動きでどんどん殺してく。まず、迷いがないね。さすがサイコパス。人の気持ちに寄り添うことのできない悲しい障害。
あの迷いがない感じ。まるで動物を狩るような手際の良さ。
人の気持ちを共感できる能力はないけれど、知能は高いから共感してる「ふり」はできる。何なら、その辺のふつーのひとより、感じいいくらい。さわやかな英語教師。
もし現実に出会ったらきっと気が付かないだろうなあ。
生徒がひとりひとり殺されていくときに、ほとんどのひとが人のせいにして殺されていってた。あんたが窓閉め忘れたから見つかったじゃない!あんたのせいだからね!!とか言いながら、殺される。
最後の最後のああいうときに信用できるのは自分だけだ。自分を救えるのは自分だけ。あんたのせいとか言っても、助からない。人のせいにしても、どっちにしても殺される。だったら、自分を救えるだけの体力と、知識を手にしてるものが助かる。
まずは、パニックにならないこと。(でも、あんなことになったらまず、普通の人ならパニックになるだろうけど)あとは、観察。
そして、選択。最後に決断。
今何が起きてるのか?次にどこに行けば逃げれるのか?上に行くのか?下に行くのか?そして、決める。
これって、人生の中でも大事な要素の一つだ。

豪快であり奇天烈な怪作

一番良かったのは、殺される人が二時間サスペンスみたいに死ぬ前にグダグダしゃべったりしないところ。

怖がって、撃たれて、吹っ飛んで、オシマイ。

経験したことは勿論ないけど、実際に殺人鬼を前にしたら、あんな感じじゃないのかな。

ハスミンの殺し自体がめっぽう雑なんだけど、実際にアメリカでは殺人鬼だってパレて居られなくなったわけだし、けっこう本人も適当にやっているんだと思われる節がある。

つまり、頭がいいのは確かなんだけど、殺人については単なる病気なんじゃないかと理解した。

別に殺さなくても生きてゆけるんだろうと思う。本人が劇中で、自分は快楽殺人者ではないと言っているし。

ただ、自分の理想を邪魔する輩が現れると、殺して消し去ってしまうこと以外に思いつかない、ある種、可哀そうな人なんでは?

究極の社会生活不適合者。ものすごく迷惑な人。そんな感じ。

ハスミンの理想が、美少女を自分のクラスに集めて学校を我がものにしようという、実に俗っぽい理想で、それもまた良いなあ。

粗を探せば、あんな夜に街中の学校で散弾銃撃ちまくっていたら通報されるだろう、とか色々あるけど(苦笑)、それも含めて、久しぶりに邦画で豪快であり奇天烈な怪作が生まれてうれしいですな。

伊藤英明は、人を助けるレスキューよりも、人を殺し続ける役を活き活きと演じておりますね。

虐殺モードに入ったハスミンの、黒目が大きく見える、感情の無いサメのような目を、コンタクトレンズとかでなく自身の演技で表現しているらしく、なかなかに鬼気迫るものを感じたなあ。

もしも、デッド・バンディが高校教師だったら

「もしも、デッド・バンディが高校教師だったら」。皆大好き“もしデッド”こと悪の教典。

もしかしたら、蓮実のように教師は心の底から生徒のことを考えないで、人気取りや立ち回りでイス(権力)取りゲームに勝利するのが正しいのかもしれませんね(厳密に言えば考えているけど、生死は厭わないなど、優先順位に“人としての部分”を排除している)。もしかしたらそれは教師にも共通するかもしれません。脅威の有能さで機械的な行動で仕事を処理する蓮実ですら、殺人(時限式で不確かなものも含め)という非人道的な判断を下さないと解決できない問題が山積しています。何これ教師無理ゲー。モンスターペアレントとか、虐待で生徒の精神がすさんでいる場合とか家庭が絡むと教師単体では殺さない限り解決できないよ。

体罰の恐怖で生徒を制圧する全体主義(ファイズム)的発想よりも、最終手段としては、生徒を排除することも視野に入れつつ(非情非人道的な手段をとる)、多様な判断で解決不可能と思われている問題を解決する能力のほうがマシ!優秀!GTO!となるのが今のご時勢ですか?無理ゲーな教師という職業は後先考えてばれないように暴力を使うべきなんですか。それが優秀になるんですか?ボウリングのたまでドラえもんパンチが正解ですか?

教師という職業を無理ゲーにしたままだと、共感する能力を意図的に排除することが、教師が生き残るための術になります。今の世の中では、どう考えても、教育の現場にサイコパスは求められる人材です。本当にありがとうございます。

レビュー投稿