海外で評価が高い

黒沢清監督作品。日本より海外で評価が高いらしく、カンヌで賞を貰ったり、ハリウッドではリメイクまでされている。
『リング』や『呪怨』と同じく、90年代後半~00年代初頭にかけて作られたジャパニーズホラーのひとつで、触れてはいけない邪悪な「何か」が存在し、人間や機械を介して感染・拡散していくという点も共通している。『リング』はビデオ、こちらは当時まだ創世記にあったインターネットが媒体である。
となると『自殺サークル』を思い浮かべるが、あちらほど物語は破綻しておらず、一応最終的に物語の「回答」は得られる。
霊界が現世に侵食してくるという設定自体はさほど新鮮味を感じないが、一度開いた霊界への「入り口」(=あかずの間)を「システム」(=回路)と設定し、やがてそのシステム自体が特別なものでなくなっていく(現世と霊界の区別が曖昧になり「入り口」が特殊なものでなくなる=生と死の区別がなくなる)というのはなかなか面白い発想だと思う。いわばこの世を規定する法則が根底から覆るわけで、そこにおいて人間は無力である。不気味な色に染まった東京の市街地を疾走する終盤の絶望感、終末感はなかなかのもので、単に「幽霊」やら「呪い」やら出して適当に「恐怖は終わらない」みたいに締めときゃいいだろ、てな凡百のホラーにはない迫力を醸し出している。
ところでこの映画、見た目いかにもホラーでござい、てな装いをしているが、結果的にかなりちゃんとした近未来SFになっている。
「生」と「死」にまつわるパラダイムシフトを経験した人類は、必然的に新たな地平へと踏み出さねばならないからだ(ラストでもそれが示唆されている)。
そうした性質ゆえに、本作はいわば文明論みたいな側面を持っているが、そのへんの処理がいまいち上手くいっていない印象を受ける。ストーリーが分かりにくい割に、不自然にテーマを誇示したような台詞が見られるあたり、その典型。あと時間もちょっと長いかなぁ。30分くらい短縮して欲しい。

ホラー/青春映画の傑作

傑作「CURE」はもちろんのこと、テレビシリーズ「学校の怪談」などホラー映画の分野で才能を遺憾なく発揮した黒沢清監督の作品。「リング」をきっかけにはじまったJホラー・ブーム(バブルといってもよいか?)の真っ只中、「呪怨」、「感染」、「予言」といった「二次熟語タイトルホラー」が連発されていた時期にJホラー界の重鎮の作品として発表されたこの作品だが、実はこれがホラー映画の意匠を借りた紛れもない青春映画の傑作。

当時、普及しつつあったインターネットというメディアを取り上げ、ネット上に存在する死者の恐怖はもとより、最終的には人類滅亡の危機という大きなスケールの恐怖まで描ききり、全編に流れる不穏で殺伐とした雰囲気や恐怖描写には非常に高い達成度がある。しかし、実はこの作品のストーリーを動かすエンジンは、うら若き男女が出会う「ボーイ・ミーツ・ガール」物という恋愛・青春映画のそれである。というのも、映画は終盤近くまで、接点のない男女のそれぞれが、ひとつの災厄のなかでどのように行動するかをカットバックで描き、旅客機が市街地に突っ込むという正に滅亡のヴィジョンをひとつの契機として主人公たちは出会うのである。

物語の構造は二人の男女が出会い、そしてそののち、どのような発展を遂げるか、というところに力点があり、アドレッセンスにありがちな「誰にもわかってもらえない私は死者と同じではないか」「何事にも無気力な私は死者と同じではないか」そして「これからどのような人生を歩んでいくのか(生きている実感もないのに)」という青臭いテーマが不安感に巧妙に恐怖感をミックスすることで見事に表現されている。そして、終盤、主人公のひとりである青年は死の間近に控えてやっと生の実感をつかむのである。

他人、つまり社会との関わりを実感できずに、確固たる自我も確立できずにいる男女のもがきをそのままホラー映画として消化/昇華されているという意味では稀有なホラー/青春映画の傑作である。

雰囲気重視で終末感を楽しみたい

2001年公開のホラー映画『回路』。聞くところによれば、賛否両論と言われているようですが、個人的には好きな雰囲気の映画です。

全体的に暗い雰囲気で、物語は少しテンポがゆっくり過ぎるように感じるかもしれません。また、びっくりするような派手なシーンも特にないと思います。

この映画の魅力は「じわじわくる終末感」とでも言えばいいのでしょうか。登場人物の周りの人たちがどんどん行方不明になり、あるいは自殺をし、街からも人の姿が少なくなっていきます。人気がなく、閑散とした都会の光景は、何とも不安な気分にさせてくれます。

いまいち因果関係がわからないというか、映画に登場した謎が解明されない感もあり、その辺に納得のいかない人も多いかもしれません。

ちなみに印象的だったシーンは、小雪演じる登場人物の女性が、なぜか自殺する時に黒い袋をかぶっているところ。インパクトは大きいのに、袋をかぶっている理由がよくわかりません。しかし、理由がわからないながら何となく記憶に残っているという点では、意義のあるシーンと言えるかもしれません。

ともあれ、ストーリーの伏線回収や細かいツッコミは置いておいて、世界が終末に向かっていく雰囲気をじっくり楽しむのがいいのではないでしょうか。「わけがわからない」ということも、怖さを感じる理由になるかもしれません。

また、家族や親友などの親しい人も消えていく中で、こんな世界で生きるよりも、早めに消えてしまった方が幸せだったんじゃないか?などと自問自答するのもいいでしょう。絶望的な状況に陥ったとき、自分ならどう考え、どう行動するか?と想像するのもまた、ホラー映画の持つ楽しみではないかと思います。

ゾンビが大発生するなど、派手なパニックと共に迎える終末系ホラーもいいですが、じわじわくる終末感もまたいいものです。

レビュー投稿