女は恐ろしい

映画 鬼婆 戦で息子を失った母と息子の嫁の話。
戦の巻き添えを合わぬように、村からも離れ、畑も出来ない高い葦が永遠に広がる川原の近くで、二人は息子が戻る日を隠れるように待っていた。
食べるもののなく二人は群を離れた侍を見つけては、女手で侍を生き殺しにし、奪った甲冑や刀を売り食い扶持に当てていた。
そんな中で命拾いし戻って来た戦友の「八」は二人に息子の死を伝える。
息子がもはや戻らぬことを知ると、若い嫁と八は、若いもの同士密会し、毎夜愛し合うようになる。しかし女として愛に飢えているのは、母も同様で母は面白くない。
また生活の糧として侍殺しをするには、働きてとして嫁の存在が必要。しかし、このままでは若い八に嫁を取られて出ていかれる。
困った母は、嫁が八に密会する暗い夜道を鬼の面をつけて、民話に出てくるような化け物話のように襲い掛かる。
二度と八に密会しないように、母は嫁に上手く恐怖心を植え付けたが。
困ったことに母の鬼の面は取れなくなってしまう。
日本初のホラー映画としても紹介されることがある本作。
映画縮図でかっぽれをしていた芸子の音羽信子の化けっぷりに驚く。
女としての母の心が面白い。息子を愛し、嫁は手放さず、歳をおっても、若い二人の性に妬み。
もし、この話、母と娘と婿の話であっても、鬼っぷりは表現できそう。女は恐ろしい。最後の顔がキモかった.
鬼婆の仮面の下の顔は、広島も想像させる。

人間の本質を鋭く描いた秀逸な作品

どこかで「和製ホラー」と書いてあったような気がするのですが、人間の本質を鋭く描いた秀逸な作品でした。

南北朝時代、息子を戦にとられた中年の女は、息子の嫁と落ち武者を殺しては鎧甲冑、刀などを奪って生計を立てていた。

殺すことは生きること。

生きるために、殺し奪うことは正当化される。

食うこと、眠ることと同様に、殺すことは人間の根源的な欲望として描かれている。

が、女二人の生活を一人の男が狂わせることになる。

息子の戦死の知らせとともに現れた男は、嫁の性欲を刺激する。

老境にさしかかりつつある女は、嫁が自分のもとを離れると一人では生きていくことはできないと危機感を募らせる。

男との逢瀬に耽溺する嫁、それを引き止めたい姑。

姑は、鬼のふりをして嫁を驚かせることで、嫁の逢瀬を食い止めようとするが…。

芥川の「羅生門」に登場する老婆を思い出させる。

「鬼婆」というタイトルだが、登場するのは「鬼婆」などという異界の存在ではなく、あくまでも人間、人間らしい人間だ。

人間など美しくはない、美しくないからこそ人間なのだろう。

姑は鬼の仮面をかぶったことで顔にひどい傷を負うが、姑のあの行為は責められるものだろうか。

生きていくために誰かを必要とし、その人の行動を規制したいと思う欲望は、誰にでもあり得るものだろう。

過酷な時代を経て人類がこれまで残ってきたのも、ああいう貪欲でたくましい?人たちがいたからこそなのか。

そうじゃない人たちは淘汰される…など、現代に置き換えてもあてはまるような気がしてひとしきりでございました。

レビュー投稿