大沢たかおファンの人なら垂涎モノ

なんかねえ、北村龍平だなーって感じよね。 ドラマを何回か見た事があったけれどドラマとはまた違ったおもしろさがあったかな。 嫌いじゃないけど好きでもないんだよね、この世界観。
現世だのあの世だの輪廻転生だの・・いろいろと無理矢理だし(話の筋を通そうと)、セットとか衣装とか安っぽいしさ、「予算足りないのかなー」とか思っちった。笑
でーもーー、大沢たかおがかっこよすぎ!!(結局そこ)
「俺は愛する者のためなら、世界を地獄にしてもかまわない・・」
うん、かまわなくないけど!たかおなら許すよ!
必要ならあたしの心臓も持ってってください!
大沢たかおは普段結構温厚な役柄が多いから、たまにこーゆうダークな役見ると超かっこいいと思ってしまう(^^)
「お前の恋人の命を奪った俺に、敵も討てないのかお前はっ!」
と言って、谷原章介を蹴散らす大沢さん、最高です。
北村ワールドとか、釈さんの演技やっぱり・・とか、そーゆうの全部なかったことにします。
あでも、イズコと戦ってるときの工藤(たかお)と、清められた後の工藤の髪型が分かりやすく違うのには笑えた。
戦う工藤→めっちゃ逆立っててサイヤ人風
清い工藤→ペタンコさらさらヘア
ま、なんにせよ大沢たかおはスーパーナイスガイ!だぜ!人生設計は、変えられない事はない、人は、変われる。と、感じました。
日本人の伝統的な考えが反映されてて、内容がしっくりきやすかったため、今を生きることがどれだけ大切か実感できる映画です。

レビュー投稿