超能力者の戦いを描くSFホラー

「スキャナーズ」は、デビッド・クローネンバーグ監督作品で、SFホラーの傑作の一つです。放浪者ベイルが超能力者(スキャナー)の研究所に連れて行かれ、ルース博士に、スキャナーを集結させて世界征服をたくらむスキャナーのレボック殺害を要請されます。レボックは、スキャナーの頭を爆破して逃亡した強力なスキャナーでした。ルース博士によりスキャナーとして覚醒したベイル。レボックに逆らうスキャナーは次々に殺害されていき、ベイルはレボックに捕まってしまいます。レボックは、「ベイルはレボックの弟であり、我々は兄弟だ。」「ルース博士は二人の父で、スキャナーを生み出した本人なのだ。」と打ち明けます。そして、ベイルに一緒に戦おうと言います。しかしベイルは共闘を拒否し、スキャンの力でベイルを自分の中に取り込もうとするレボックとの間でスキャン対決が展開するのですが・・・。スキャンは、相手の頭の中を透視する能力です。レボックはスキャナーどうしのスキャン対決で勝って、相手のスキャナーの頭を爆破してしまうのですが、この頭の爆発の場面は非常にショッキングです。この場面を見た後映画を見続けることができなくなる観客もいたということでした。レボックを演じるマイケル・アイアンサイドは、「カナダのジャック・ニコルソン」と言われる性格俳優で、レボックという希有な悪役を見事に演じています。「スキャナーズ」の超能力者どうしの戦いの場面は、その後の映画や漫画などの作品に影響を与えているということです。

レビュー投稿