CGもいい

導入は完璧でした。CGもいい感じでぱふぁ→あ→バツンは迫力があり、実際にパラサイトがいたらこんな動きするだろうなって感じがよく出てました。
しかし見るに連れて粗がボロボロ出てきて最終的に何がしたかったのか全くわからないまま終わります。
完全に続編にぶん投げです。何も土台を作らないままぶん投げた感じです。
とにかく新一はじめ人間サイドの人物に全くと言っていいほど主体性がない。パラサイトだけがずかずかと話を進めている感じ。やることと言えば完全に逸したタイミングで原作再現をする程度。「そうじゃない」「そこじゃない」と何度突っ込んだことか。
その他も設定の改変かと思ったらただの矛盾だったり、確実に死ぬシチュエーションにいたのにメインキャラって理由だけで次のシーンで生き残ってたりと説明不足も甚だしいです。
そして大戦犯ミギー。こいつだけ完全に幼児向け3Dアニメ映画からやってきたノリで喋る度に新一とショートコントして雰囲気を木っ端微塵にぶち壊していました。
寄生獣の素晴らしいところは、パラサイト等の設定が明らかになると共に作品の主題が明らかになっていくとこだと思うのですが、この実写版はたまーに主題に絡んだ台詞が出て来て中途半端に問題提起するだけです。
エンターテインメントとしてはそこそこだと思いますが、この主題を蔑ろにするのだけはどうにかならなかったのか。
奇抜な演出で観る人の心を掴んだまではいいが、その後のおざなり展開で熱がガンガン冷めていくのは、原作を夢中で読んだ時とまるで逆の感覚でした。

レビュー投稿