大好きな作品である。

大好きな作品である。
過去に何度観たか解らない程である。
この作品の原作は、かの「FBI心理捜査官」のロバート・K・レスラーが、トマス・ハリスに犯罪心理についてかなりの資料提供とアドバイスを行なっている。
それと言うのも、前作「レッドドラゴン」においてトマス・ハリスは、ただ単にロバート・K・レスラーにプロファイリングの取材をしただけで、プロファイラーの仕事を理解しないで書いてしまった故、まさに本職の目から見て、リアリティの無いプロファイラー描写を含む作品になってしまった事が、大いに不満であったからだそうだ。
フィクションで犯罪心理を的確に表現した作品というのは実は中々少ないらしい。
つまり、この作品は、多くの実在の事件の犯罪心理事情が反映されており、犯罪心理のプロが観て充分納得出来るフィクションになっていると言う事なのである。
この映画がキッカケとなって、数多のサイコサスペンスが作られたが、映像的にエスカレートしても、内容的にこの作品を越えたものは無い。
この作品は原作を裏切る事無く、原作の文章をズバッと映像で直球表現する演出をもって、大傑作となっている。
また原作の状況を映像的に創作を加えたシーンもあるが、むしろレクターというキャラの色を鮮明にする手助けになっていて、妙に説得されてしまうのは、原作を熟知した演出力のおかげである。
人間の心の向こう側とこちら側の臨界を、ここまでリアルに、映画というメディアで表現しきった事は賞賛しないではいられない。
表面的な映像の残虐さを論い、作劇構成の奥深さを感じる事をせず、ストーリーの謎解き追いかけをするだけで、この作品を評価してはいけない。
この作品の中で唯一、ありえないシークエンスがあるらしい。
ロバート・K・レスラーによると、見習い生や新人に限らず、FBI捜査官をたった一人で犯人捜査に向わせ、ましてや犯人と対峙させるなんて事は絶対にありえないそうだ。
しかし、物語として面白くなるなら、この位のフィクションは許容範囲なんだそうだ。
サイコサスペンスの最高峰である事は間違い無い。

全部が尖りすぎてて逆にバランスのよさを感じる

好みのタイプの女性が出てくるからこの映画が大好きという理由以外にも好きな理由はある。

この手の残虐映画にも関わらず、格式の高さを感じることができるからである。そしてその格式の高い映画の中心にあるのが、そう我らがハンニバル・レクターである。

異常者であり、紳士である。残虐だけど、スマート。上品だけど下品。一見相反する二つの人間性が共存する存在。脱出のシーンは本当に彼の人間性を表していて、感情の高揚すら感じてしまった。このシーンを見るために映画見ているんだよとすら感じてしまった。

彼を取り巻く環境、拘束具が彼の不気味さを演出しており、小道具やセットって大切なんだなとシミジミ実感した。

そしてバッファロー・ビル。一般的異常者である。ハンニバル・レクターがフィクションであるとすれば、彼はノンフィクションの複合体。小学生男子が水泳の着替えの時にやったアレ。モザイクを使わない前の隠し方は今見ても斬新。

過去の虐待の被害者意識強さゆえに加害者になっても自己の正当性を疑おうとしないというよくある(最近は冷たい熱帯魚あたりで見かけました)設定はこのあたりが初めなのかな。知らんけど。

三幕構成のどの部分も飽きることなく観客をひきつけているこの映画。一部では「クラリスとレクターの掛け合い」、二部では「レクターの脱走」、三部では「クラリスのバッファロービルとの戦い」を描き、どこも映画の軸と足りえる。三幕全てが好き、退屈じゃないという映画体験ができる最高の映画だと思う。

レビュー投稿