いけにえ

完全なZ級ムービー。
昔、学校でいじめたトミーが仕返しにクラスメイトを殺しまくってるので生き残った元クラスメイト達が集まって相談するんやけど、集まったはいいがなぜか外で遊びまくる様子が小学生並です。
やっと建物に入ったと思ったら今度はゲームに興じて、命を狙われてるっつーのに酒飲むわ自作の歌うたう奴いるわ(この歌詞がバカすぎて笑える)一体何のために集まったのか緊張感のかけらもなし。
またこのクラスメイトの男女達っつーのが最悪に冴えない顔&センス(POISONのバンドTシャツを着た南米系、ケビン・フェダーライン似の虹色サスペンダー、キモデブオタ、黒ビキニおばはん、などなど)な上に頭も悪すぎで画面を見るのすら苦痛になってくるほど。でも呆れるというよりは、こんなひどいの初めてで逆に怖いもの見たさで最後まで確認したくなってしまう。
バックに流れるポヤ〜ンポヤ〜ンとした宇宙的な効果音、トミーが出てくるときのクリスマスの鈴の音、死んだと思ったトミーが起き上がるときのピヨヨョョ〜ンていう音がバカにしとんのか!と言いたくなるほど脱力系。
眩しいくらいの白昼で繰り広げられるアホな惨劇、ギャグ?とかコメディ?とすらも言いたくありません
こんなもん映画として撮って、特典映像に楽しそうな撮影風景やNG集が入っても『それなりに苦労して作ったんだな』とはまず思えませんな。
とにかく、これはただの安っぽい映像で内蔵ドロドロ長編投稿ビデオ。

レビュー投稿