殺人鬼ジェイソンは恐ろしい!

「13日の金曜日」は、「エルム街の悪夢」「ハロウィン」と並んで、アメリカの3大ホラー映画の一つです。ここに出てくる恐怖の殺人鬼ジェイソンは人気キャラクターになっていて、作品はシリーズ化されています。お面をかぶって闇に浮かぶその姿は実に恐ろしいです。「エルム街の悪夢」のフレディとの戦いの映画もあって、二人が「共演」したりしています。物語の発端は1957年のある13日の金曜日に、ニュージャージー州クリスタルレイクのキャンプ場で、少年が溺れ死んだことです。その後数年間、そのキャンプ場ではいろいろと不吉なことが起こり、キャンプの指導員の男女2人が何者かに惨殺されるという事件があって、キャンプ場は閉鎖に追い込まれます。それから月日がたって1980年、キャンプ場は再開され、キャンプの指導員の若者たちが集まってくるのですが、それは惨劇の始まりにすぎませんでした・・・。
謎の殺人鬼ジェイソンが、次々と指導員のメンバーを襲い、惨殺していきます。特に、男女二人でいる時に襲ってくることが多いジェイソンですが、彼の顔は仮面に隠されていて、よく分かりません。顔が分からないだけに、恐ろしさがつのってきます。彼は幽霊のようなものでもあり、悪魔のようなものなのかもしれません。恐ろしさがつのって、キャラクターとしては人気が出てしまったところが皮肉なのですが。キャンプ場の闇の中から姿を現す殺人鬼ジェイソンは本当に怖いです。

「13日の金曜日」シリーズ最初の作品。

言わずと知れた「13日の金曜日」シリーズ最初の作品。
これがヒットしたお陰で我らがジェイソン君はこのあとニューヨークへ出張するわフレディと対決するわ最後は宇宙にまで行くわで大忙しになるのだが、この時の製作陣はまさかそんなことになるなんて思ってもみなかったろう。
B級ホラーの元祖と称される本作だが、確かに今観てもそのフォーマットは、びっくりするくらい完成されている。
軽薄な若者たちが次々と殺されて行くスピード感溢れる展開、ラストの主人公と犯人の一騎打ち(なんで途中から素手での格闘になるんだ?)もそうだが注目すべきは俗に言う「死亡フラグ」の類型が見事に押さえられている点。
パロディホラーの傑作「スクリーム」の中で映画オタクのランディ君は、ホラー映画の三原則として①殺人鬼には処女しか勝てない(エッチしちゃダメ)②酒やドラッグはダメ。③「すぐ戻る」って言っちゃダメ(=ひとりにならない)を挙げているが、この法則を当てはめてみると本作の登場人物は揃いも揃って失格である。若き日のケヴィン・ベーコンよ、女の子といちゃいちゃしてる場合じゃないぞ。
「スクリーム」の冒頭で本作の盛大なネタバレをされてしまったのでまぁ驚きは無かったが、初めて観た人は犯人の正体にちょっとびっくりするかもしれない。
それ以外、さほど大した見所は無い。殺人シーンは今見るとびっくりするくらい大人しく、なんだかほのぼのしている。みんな殺される前に「キャー」とか叫んでくれるので心臓の弱い人にも優しい。まぁ現代のホラーを見慣れた我々からすれば仕方ないね。
かように映画自体の完成度は高く、これ一作でひとつのジャンルのフォーマットを完成させてしまったという点において、この映画は未来永劫語り継がれるだろう。しかし、現代のホラー映画好きが本作を観て、きちんと「ホラー」として楽しむことができるかは甚だ疑問だ。
「まったく怖くない」というその一点において、本作は時の経過に耐えられなかったという弱点を露呈している。「古典」として、という前置きを据えなければ楽しめない、と言い切ってしまうのは、この作品を作り上げた先人たちに対して、厳しすぎる態度だろうか。

味のあるホラーです。

誰もが知るジェイソンシリーズの第一作です。お面を被り、チェーンソーを持っているイメージが強いジェイソンですが、この第一作では殺人鬼としての姿は見れないことに驚きました。最初から意外とアダルトな場面がとても多くて、見ていて恥ずかしくなるくらいですが、それも意味がある描写だったのかと分かってきます!とにかく誰がどうやって殺人に及んでいるのか見ている間は良く分からなくて謎でしたが、第一作の時点ではそもそも残虐な殺人はジェイソンの仕業ではまだない事にビックリしました。
犯人が誰なのか、動機は何なのか・・・分かった瞬間はゾッとしますけれど、理由も女性であれば理解できるものですので、ちょっと複雑な心境になります。ジェイソンでこんな切ない気分になるとは、見る前に全く予想がつきませんでした。
そして殺人シーンがありそうな前は、変化があったり被害者が一人になるタイミングに急になるので、「残虐なシーンが次に来るのかな」と構えることが出来ますけれど、「えっ?」と思うような唐突な方法ですので笑えます。その表現もこの時代ならではの手作り感なので、エグいですが終始面白いです。犯人の首が飛ぶシーンは明らかにマネキンかな、と思われる状態のものが飛びますが、スローで編集されていてちょっと怖いです。
やっと助かった、と思いきや・・・のラストは本当にびっくりしますが、ここでやっとジェイソンに会えます。静と動の切り替えを上手く使っているなと感じました。
全体的に音質が悪いですが、音楽や効果音による恐怖を感じます。吐息のような音が随所に表れて、耳に残りました。
古い映画ですので懐かしさを楽しめますが、懐かしすぎてどんな恐怖の演出がやってくるのかも想像がつかないことが怖かったりもします。

ケビン・ベーコンが殺されるシーンは至高

思うんですよ!最後に一人の残ったヒロインのアリスが逃げ惑う中で、今まで殺された人間の死体に遭遇しまくるという展開は明らかにおかしいと!

「ジェバンニが一晩でやってくれました☆」よろしく、壁に張り付け(死体)とか、木の上からこんにちわ(死体)とか、ダイナミックお邪魔します(死体)とか、何?アリスをビビらせる為だけの簡単な仕掛けを作ってるのかね。お前何時そんな時間あったんだ。

「わりと普段から工作は得意なほうなんでね」

みたいな感じなのかもしれない。めちゃくちゃ早く、あのギミックを作ったんだろう。でも、お前の目的それじゃないでしょ?人を驚かせることじゃないでしょ。復讐だから、さっさと殺しなさいよ。あんた、殺しを楽しむタチじゃないでしょ?というツッコミがあるのがちょっと残念。

いやいいんですよ。恐かったから。許す。

一人、一人と死んでいく展開は今では定番となっているけど、殺され方一つ一つが「どうやったら恐ろしいか」を研究されたもので、工夫に溢れていましたから。

特にケビン・ベーコンが殺されるシーンは至高。上の死体に注意を向けておいて、下から殺るなんて…さらにマジシャン顔負けのギミックも楽しませてもらえるし。

逃げ惑うエイドリアン・キング、普段は健全で、ボーイッシュなんだけど、恐怖に脅えてる感じが何か新鮮。ほら、ホラーで殺される女って大概ビッチだから、何か新鮮に感じたんだわ。

「夜が明けた美しい湖畔、昨日の惨劇は嘘のようだ」と思える“静”の演出、観てるコッチもやり終えた感を感じれて最高。

のんびりとシリーズの原点を楽しんで欲しい

ホラー映画界の寅さんこと人殺しジェイソンでお馴染み、人気シリーズ第一弾です。

ところが、この映画ではジェイソンはほんのちょっとしか出演していません。

これ、知らない人が見たら驚くんじゃないでしょうか。ジェイソンが出ると思って最後まで我慢して見ていたら、変なババアが暴れて、ゴラムのように1人で会話して、首がすっとんで終わりですからね!

店にこのDVDを持っていって、「ジェイソンが登場しないなんて聞いてないぞ!返品してくれ!」等と言う困った客も居たんじゃないでしょうか。紛らわしいタイトルのDVDを間違って買ってしまったわけでもないですからね。困ったものです。

内容については他のシリーズの原型ですから、とくに変わったことはありません。お馴染みの息遣いのような音楽も冒頭から聴けます。これってメイキングによるとキル、ママという言葉が基みたいです。

テンポもゆったりしています。いつもはセックスし始めた瞬間に殺される若者も、結構楽しんでから惨殺されます。大人の余裕というやつでしょう。童貞ジェイソンとは違います。

あと心に残ったのは、クリスタル湖の美しさですね。シリーズでもっともきれいに撮られていると思います。ラストでヒロインがボートに乗って佇んでいるところは特に美しいです。最後にリラックスして、緊張を解きほぐしてください。

今見るとどうしても古臭く、シンプルすぎる内容ですので怖さはあまり求めずに、のんびりとシリーズの原点を楽しんで欲しいですね。何も知らずに見たほうが楽しめるはずですが、もはや有名すぎるシリーズですから、それも難しいでしょう。

レビュー投稿