吸血鬼物

吸血鬼物なので、一般的にはホラーのカテゴリに入ると思いますが、この作品は悲恋の物語のように思います。
カトリーヌドヌーヴが吸血鬼、デヴィッドボウイがドヌーヴに血を吸われて吸血鬼になった男スーザン・サランドンは、エイジング/アンチエイジングを研究する医師の役です。まず、女性が吸血鬼っていう設定が、面白いですよね。
カトリーヌ・ドヌーヴは凄絶な美しさです。知的でありながら退廃的、謎めいた大人の女性でありながら話すとフランス語なまりの英語がかわいらしい..。
古代エジブト時代からの美術とクラッシックを愛している..。
デヴィッド・ボウイも美しいですが、彼の役は「永遠の命をあげる」と言われてドヌーヴに吸血鬼にされてしまう青年です。永遠に若いと思っていたら(吸血鬼にされたあとで寿命があることを教えられた)、突然急速に加齢するという役で、どんどん老いてゆきます。この変化もすごい。
スーザン・サランドンはボウイが相談に行った医師で、研究対象としてボウイを追って家を訪れドヌーヴの吸血鬼と対面する。サランドンは「真夜中の向こう側」以来の美しさです。
ドヌーヴの吸血鬼は、ボウイの寿命?がつきるのを見越して、あたらしい美しいパートナーとしてサランドンを狙います。そして...結末はお楽しみ。
衣装もインテリアもセンスいいです。思わず部屋に、白いレースのカーテンを掛けたくなりますよ。
全編を通して流れる、シューベルトのピアノトリオOp.100の第2楽章の旋律が心に染み入ります。
ドヌーヴとサランドンの妖しい関係を暗示するドリープのオペラ「ラクメ」の中で主人公のラクメと侍女のマリカが歌う二重唱(フラワーデュエット)もドキドキします。

深い様で浅い内容

気がついたら洞窟の中に監禁されていた見知らぬ男女5人。そこに出口はなくドラム缶に入った水と手術用のメスだけが残されている。

メスとともにあった一片のメモには「人間は30日何も食べないと死ぬ」

そして時間は1日1日と過ぎ、空腹と恐怖から殺し合いが始まる・・・ 。

ありがちな集団監禁ものですが、そんなに悪くないんです。

しかし犯人が結構裕福そうなおっさんで(シャツ着ておヒゲなんか生やしててまさにセレブぽい)、早目に顔も出してくれてサービス満点(あまりに普通のおっさんで逆にビックリ)

この時点でSAWの様な「実は監禁された中に犯人及び共犯者が交ざってた」説は消えてしまう。

更に被害者に共通点があるのかと思えば特に無い。

犯人の過去のトラウマらしき回想もあるので、なんらかの繋がりがあると思わせといて実は何も無い。

本当に単にさらってきたんだと気付いたらなんだかラストにババーンとネタバラシも無いと思うとワクワク感も消えてしまいました。

結局は極限状態の人間の狂気を見せたかっただけなのか。

悪くないんだけど、なんか深い様で浅い内容。

犯人は過去の自分の所業の正当性の確認がしたかったんだろうが、それだけでわざわざやるかなあんな実験(しかも初めてじゃない)

ぬくぬくとして書斎でカメラで盗み見しやがって(書斎と監視カメラの二大アイテムによりやはりセレブだと確信)

やってることに反して凄くゆるい犯人がちょっと笑えますし、犯人が「僕は...」しか台詞が無いのも切ない。

なんか煮え切らない映画でした。

レビュー投稿