83年に公開され様々な物議を醸した映画。

ストーリーは、アマゾン上流のグリーン・インフェルノと呼ばれる密林地帯に、未開人を撮りに行った4人のクルーが消息を絶った。捜査に向かった教授は、原住民の襲撃や残虐な儀式などを目の当たりにしながら、ヤマモモ族に接触し、4人の白骨死体の周囲に遺されたフィルムを入手する。そこに映っていたのは、最初は普通にドキュメンタリーを撮っていた4人だが、作品全体に刺激が無い事に気付いたクルー達は何を血迷ったのか番組を盛り上げようと、2つの原住民があたかも争っているかのように見せかける為に、ワラの家に火をつけて燃やし、そこへ原住民を押し込んで殺したり終いには原住民女性を襲って犯し出す。
そんなこんなでやりたい放題なこの非道極まり無い撮影隊を原住民が黙って見過ごすわけが無く、怒りに火がついた彼等は撮影隊を一人ずつ血祭りにあげ陰部切断、はらわたシェイク!等々。
これまたやりたい放題、遂には寄って集って貪り食い始めるのであった。結果、偽ドキュメンタリー撮りに行ったら本当に食べられちゃいました!
という内容が収められていた。試写の後、フィルムは焼却されることになった。
教授は呟いた。
「文明人と野蛮族、本当の食人族はどっちなんだろう…」
上映当時はドキュメンタリーと言われていたそうだけど、まぁ今から見れば串刺し女性は偽物というのはすぐ分かる。何より話の構図や編集が巧みで、誰が見てもフィクションだろう。
しかしそういうことを抜きにしても何だかものすごい迫力に満ちた映画だった。
食人族は偽物でもクルーたちが食した動物たちは全て本当に生きている。大ガメの甲羅を剥いでその内蔵を食すシーン。内臓や器官がグログロドロドロと脈打つ映像はその体温まで伝わってきそうで相当にエグい。さらに切り取った首や手足がグニャグニャと動くわけだ。それを見た女性がゲロを吐くのだがそのゲロも妙に生々しい。
っても、結局それを見て吐いた女もこんがり焼かれた亀肉をちゃっかり食してる。個人的には食人族よりも、このシーンが一番気持ち悪かった。

思わず目を背けるシーンの連続

83年に公開され様々な物議を醸した食人映画。

探検隊のフィルムがドキュメンタリー仕立てになっておりラストに意味深なテロップが出ることもあって、当時はこれは本当にあった出来事の映像じゃないのか、と騒然となったらしい。謂わばフェイクドキュメンタリーなのでブレアウィッチやクローバーフィールドの走り的な存在か。

確かに本当にあったように思えてしまうのは、その生々しい演出と臭い立つようなアマゾンの物々しい雰囲気の賜物だろう。パッケージにも写っている人体串刺しを見ると『サンゲリア』といい、イタリア人は刺すことが好きな人種なんだなと膝を打つ思いだけどそんなとこで膝を打ちたくなかった。

食事シーンや虐殺以上にむごたらしいのが本物の動物を殺す描写。亀を解体したり猿の頭をぶつ切りにしたり豚を射殺したりと動物愛護団体が見ると怒りを通り越して卒倒するんじゃないかというほどえぐい。あらかじめグロテスクだとは思っていたし、そういうショッキングなのを求めていたのだけど、予想以上の出来で思わず目を背けるシーンの連続。自分のキャパを軽く超える。今では真似できませんが、死ぬ前の抵抗、死後の筋肉反応、内臓のてかりやデロデロ感といったリアリティは今の映画技術でも生み出せないと思います。

まぁ確かに未開の民族と文明人はどちらが鬼畜なのか、といった皮肉を込めたメッセージや残酷な場面なのに牧歌的なメインテーマが流れる異様な空間には楽しめたけど、鑑賞後の嫌な気分がなかなか抜けず暫し茫然となった。

レビュー投稿