巨大サメの恐怖

「ジョーズ」は、1975年に作られたスティーブン・スピルバーグ監督の出世作です。巨大なサメと人間たちとの闘いを描く海のホラー映画です。サメはあのぎざぎざした歯がいかにも恐ろしい生き物ですが、そういう人間のサメへの潜在的恐怖感を現実化し映像化したような作品です。舞台はアメリカ東海岸の海辺の田舎町アミティ。ある日、浜に女性の遺体が打ち上げられます。彼女の死がサメの襲撃によるものと断定した警察署長ブロディは、ビーチを遊泳禁止にしようとしますが、観光で成り立つ街であるアミティの有力者たちが拒否。そうするうちに、少年が第二の犠牲者になります。少年の両親がサメに賞金をかけたため、事態は公になります。全米から賞金稼ぎの人間が押し寄せ、アミティは大騒動になります。ブロディが呼んだ海洋学者フーパーが、これらは巨大なホオジロザメのしわざと見抜き、市長に海の閉鎖を提言しますが、利益を優先する市長は拒否し、その結果、観光客がサメに襲われるという最悪の事態に発展してしまいます。巨大なサメの恐怖におののくアミティの街と観光客たち。警察署長ブロディと、地元の漁師クイント、そして海洋学者フーパーの3人は、サメを退治するために海に乗り出しますが、そこで姿を現したホオジロザメのサイズは、彼らの予想をはるかに上回るものでした。怪物のような巨大なホオジロザメと、ブロディ、クイント、フーパーたちとの闘いが始まります。死闘の末、サメに打ち勝ったブロディたち・・・しかしサメの恐怖は記憶から消えません。これを見たら、海に行くのが怖くなってしまいました。

映画史に名を残す傑作映画

「ジョーズをいかに登場させずに恐怖を煽るのか?」

それがこの映画のテーマであり、上手いところだと思う。

まずは、被害者の死体の無残さで恐怖をあおり、そして不穏な世界観を創り上げる。そしてその不穏な世界観を忘れ去るかのように、海水浴場を楽しむ人々。しかし、そこに襲い掛かる恐怖、パニックに陥る人々。

このように前半はジョーズは登場しない。ただジョーズの影が登場するだけだ。ジョーズに対する人々の反応がジョーズの影を創り上げている。非常に上手い。

市長のビジネス優先の姿勢や、被害者の家族の怒りなど、話にリアリティを持たせ、視聴者を退屈させない。

そして後半、ジョーズ退治が始まる。主人公の警察署長が集めた二人の仲間が、それぞれのやり方でジョーズ退治を行なう。なんか最初は仲悪かったりするのに、途中から過去の話を始めて、意気投合してしまう。どう考えても死亡フラグである。

そしてジョーズの姿があらわになっていく。タル三つ使っても潜りつずけるパワー、どれほどの銛、銃弾を喰らっても怯まない体力、そして何もかも食いちぎるキバ。

前半影だったジョーズのがはっきり見える恐怖。スティーブン・スピルバーグは人の恐がらせ方を知っているな。やっぱり。

今観ても全く文句なく楽しめる、というだけではなく、70年代後半に流行ったパニック映画の嚆矢としての歴史的価値もあるし、自然や生物を題材にした博物学的側面は後の「ジュラシック・パーク」に繋がる特徴でもある。やっぱりこれも、映画史に名を残す傑作映画だと思う。

レビュー投稿