ゾンビもののアクションホラー

「バイオハザード」は、2002年制作のアメリカのサバイバル・アクション・ホラーです。ゾンビものの一種ですが、細菌兵器を作る会社から流出した細菌が周囲に拡散し、人々が病気になってゾンビ化する、というストーリーは、何やらこのごろのエボラ・パニックを思い出させて、非常に現代的だしタイムリーな作品ではないでしょうか。バイオハザードはサバイバルのゲームにもなっていて、ゲームとしても人気のプログラムです。舞台は21世紀初頭。全米第一の複合企業で、アメリカの家庭用医薬品などを扱うアンブレラ社は、実は細菌兵器などを扱う「死の商人」でもありました。ある日、アンブレラ社の研究所で、研究中のTーウイルスが、何者かの手によって漏れ出すというバイオハザードが発生します。研究所の制御コンピュータ「レッド・クイーン」は、500人以上の所員全員を死亡させて汚染を研究所内部に封じ込めますが、アンブレラ社はこれをレッド・クイーンの故障と勘違いして、レッド・クイーン制御のために特殊部隊が派遣されます。いっぽう、ある洋館で、アリスという女性が目覚め、特殊部隊に連れて行かれますが、彼女は記憶喪失でした。アリスと一緒にいた男性「マット・アディソン」は警官だと名乗ります。二人は特殊部隊とともに、ウイルスの影響でゾンビ化した怪物たちと戦うのですが・・・。アリスを演じるのはミラ・ジョボビッチです。彼女のアクション演技はとてもすばらしく、ゾンビとの戦いをリアリティを持って見せてくれます。それにしても、ゾンビだらけの状況は恐ろしいですね。

バイハザは最高です。

バイオハザードといったら誰もが知っている映画でしょう。私は、昔からゲームソフトをやっていたのですが、映画になると聞いたときはとてもビックリしました。しかもハリウッドです。とても期待をしていたので、映画が公開されるとさっそく見に行きました。その結果は、大変満足しました。なぜかというと、ゲームにそった内容がたくさん出てくるからです。Tウイルスを開発したアンブレラ社や、ジルやクリスといった登場人物だけでなく、ゾンビ犬など、様々なところでゲームと連動しています。それと、映画のストーリーがゲームと違っているので、違った視点で楽しむことができました。見所としては、ゾンビとの戦闘シーンでした。銃で撃っても撃ってもなかなか倒れず、一体倒したと思ったら、また次々と現れてキリがないのです。まるで、ゲームをしている時と同じような状況がたくさん出てくるので、自分も劇中の戦闘員になっているかのような感覚で楽しめました。ゾンビって本当にこわいですよね。相手が自分の家族であってもガブリついてくるのです。その結果、人間はゾンビになった家族から自分を守るため、そのゾンビを倒さなくてはならないわけであって、そのシーンを見ていたら、とても複雑な気持ちになりました。もし、自分がその立場になったら、と考えるだけでも嫌なことであって、バイオハザードはただのゾンビ映画ではなく、とても奥の深いヒューマンドラマでもあるような気がします。

科学から発した恐怖を醸す映画

私が好きなホラー映画といえばバイオハザードです。ホラー映画とくれば心霊系や悪霊などといった非科学的なものがくると固定観念で思い込むでしょうが、この作品にはそのような要素や描写は一切含まれておらず、運命のいたずらで科学が織り成し地獄絵図と化してしまった世界で生き残るホラーサバイバル映画になっています。バイオハザードの原作はカプコン社が原作の同名ゲーム、バイオハザードであり、話のあらましはある科学者が未知の危険なウイルスを作り出してしまい、そのウイルスに感染してしまった者は時間の経過の程度にもよりますが、皮膚は陳腐化しあたかも怪物のような容姿になってしまい、かつ理性を失い暴虐本能に身を任せ生きている他者を喰らうという狂人になってしまいます。しかも感染者は特殊な生命力を得て、頭などに致命的な攻撃を加えない限り倒せないアンデッドになります。さらに感染者に一度でも噛まれたり引っ掻かれたりした被害者はウイルスの感染により、アンデッドから噛まれたり引っ掻かれたりするとその者も同じアンデッドになってしまうという恐怖感がたまりません。それ以外にも派生した生物兵器、例えばリッカーと呼ばれるモンスターなどもいて、こちらはアンデッドと比べ戦闘能力も飛躍的に高いモンスターも出現し、生存者を極限状態に追い込む絶望感が恐怖を加速させる作品となっています。バイオハザードはシリーズ化されており、2014年現在5作品まで出版されています。ただ残念なことは3以降からは完全にホラー要素が皆無同然となっています。3以降はホラーというよりむしろアクション性が増して、そのエキサイティングな体術や格闘術、銃撃戦が見所となっているのでもはやホラー映画としての失望を隠せません。

アリスがまだあまり強くなかった頃

バイオハザードシリーズの全ての始まりの作品で、主人公のアリスもまだあまり強くなかったので、ゾンビがとても恐ろしいものに見えました。

Tウイルスを注入されて以降のアリスはゾンビ相手に果敢に挑んでいますが、一作目はゾンビと戦うのが初なので、結構苦戦したりビビッたりと弱い部分も描かれており、2以降の作品も見てる私としては今見るとそのアリスの姿に逆に新鮮さを覚えるほどです。

また地下の建物という閉じ込められた空間での話なので、逃げ場のない戦いに見ているこちらはどうなるのだろうかとワクワクして見ることができました。

地下の建物ハイブの統括者とも言えるレッドクイーンが正義ではないというのもまたなかなかに恐怖を誘います。電気系統を司っているのはレッドクイーンなので、レッドクイーンをどうにかしない限りはハイブから脱出するのは無理難題なのです。レッドクイーンの姿が少女の姿というのも不気味さを誘うものとなっています。

しかしながら一作目で最も恐ろしい敵はレッドクイーンではなく、リッカーという突然変異の生物兵器です。他のゾンビたちと違って人間らしい要素を残してないその姿はまさに最後の敵として相応しいもの、一目見て格が違うことが分かるその姿にバイオハザードを初めて見た幼い頃の私はただひたすらに圧倒されたものです。

アリスたちはどうやってこんな化け物に打ち勝つのだろうと固唾を呑んで見守ったものです。全てが終わって安堵した瞬間の謎の人間たちの登場には驚き、こんなところで終わりなのと思ったものです。

シリーズの中でもっともホラーらしい作品

バイオハザードはいくつも続編が出ていますが、シリーズ最初の作品が一番ホラー映画らしい作品だと思います。

まず逃げ場のない限られた空間、その閉鎖状況にゾンビがどこから襲ってくるのか分からない恐怖は見ていてハラハラします。おまけに登場人物たちには物語り序盤では状況がよく把握できておらず、どうすれば助かることができるのかもわかっていません。それがより恐怖を煽ってくれます。

そしてなんといっても主人公のミラジョボヴィッチ演じるアリス自身が、ちゃんとゾンビに対して怖がっているのも良いと思います。

ホラー映画はいくら恐怖シーンが満載でも登場人物たちがそれに対して恐怖を感じていないのであれば、それを観ているこちら側にも恐怖が伝わってきません。観ている側としては登場人物に感情移入しているのであり、その人物が恐怖を感じてくれているからこそ私も同じようにそれを感じることができるのです。

そのためシリーズが回を追うごとにどんどんパワーアップしていくアリスが、まだ初期のこの作品ではそこまで強くないのも私としては好きなポイントです。

そしてバイオハザードはゾンビの造形の怖さもまた秀逸です。とくに犬型のゾンビなどスピードがあるということもあって、もし自分がこんなゾンビに襲われたらと思うと映画だと分かっていてさえゾッとしました。

そしてこの作品はストーリーもしっかり作られており、謎解き要素もあるのがまた面白い理由の一つとなっています。

レビュー投稿