デジャヴ

冒頭のシーンでもの凄いデジャヴが。理由が分かってみると、いやあ、びっくり。全体的に何だか『ブギーマン』に似てました。タンスの中や暗闇が怖い主人公とか、幼少期のトラウマとか。
こちらはモンスターの姿は殆どはっきり見えないので、モンスターのビジュアル面での(『ブギーマン』みたいな)がっかり感はありませんでした。
監督は『ヒッチャー』の人(残念ながら他に有名な作品無し)、製作にウェス・クレイヴンが関与という魅力的な作品。
ラストまでは、かなりの良作(っぽい雰囲気)だと感じさせます。夜、部屋を真っ暗にして観るとそれなりに怖い(かも)です。怖がらせ方はベタなんで、逆にそこは個人的には魅力かも。予想はできてしまいますが。怖がりたい方には物足りないかと。
モンスター、幽霊、アブダクション(宇宙人による誘拐)、妄想など、どれに分類していいのか良く分からないままストーリーは進行。
そして、ラストで遂にモンスターの正体が明かされるのかと思いきや、衝撃のバッドエンドで、何の説明も無し!尻切れな印象です。
あの化け物は何?宇宙人なの?何故子供の時に印をつけてわざわざ大人になるまで待つの?暗闇に連れ去って何するの?
ヒロインはどうなったの?どうやって暗闇から現れるの?…多くの疑問をこちらに投げかけたまま、終わってしまいます。
全部の疑問を解決しちゃうと、逆に興ざめしてしまいがちですが、この作品ではもちょっと説明して欲しかったなぁ。
モンスターについては何一つ分からないまま終わるってのはどうよ?
でも、単純に観るなら、結構引き込まれる設定でした。ラストまでは、ですが。
ちなみに、原題は『THEY』です。原題の方がいい!後ろに“LIVE”をつけたらなお良い!…ダメだけど。
『インプラント』(入植)だと「Xファイル」観てる人はすぐに「宇宙人ネタだな」とか思っちゃいます!

もちょっと説明して欲しかった

冒頭のシーンでもの凄いデジャヴが。理由が分かってみると、いやあ、びっくり。全体的に何だか『ブギーマン』に似てました。タンスの中や暗闇が怖い主人公とか、幼少期のトラウマとか。

こちらはモンスターの姿は殆どはっきり見えないので、モンスターのビジュアル面での(『ブギーマン』みたいな)がっかり感はありませんでした。

監督は『ヒッチャー』の人(残念ながら他に有名な作品無し)、製作にウェス・クレイヴンが関与という魅力的な作品。

…ラストまでは、かなりの良作(っぽい雰囲気)だと感じさせます。夜、部屋を真っ暗にして観るとそれなりに怖い(かも)です。怖がらせ方はベタなんで、逆にそこは個人的には魅力かも。予想はできてしまいますが。怖がりたい方には物足りないかと。

モンスター、幽霊、アブダクション(宇宙人による誘拐)、妄想など、どれに分類していいのか良く分からないままストーリーは進行。

そして、ラストで遂にモンスターの正体が明かされるのかと思いきや、衝撃のバッドエンドで、何の説明も無し!尻切れな印象です。

あの化け物は何?

宇宙人なの?

何故子供の時に印をつけてわざわざ大人になるまで待つの?

暗闇に連れ去って何するの?

ヒロインはどうなったの?

どうやって暗闇から現れるの?

…多くの疑問をこちらに投げかけたまま、終わってしまいます。

全部の疑問を解決しちゃうと、逆に興ざめしてしまいがちですが、この作品ではもちょっと説明して欲しかったなぁ。

レビュー投稿