ヒューマン・キャッチャー

正統な続編。

前作「ジーパーズクリパーズ」の正統な続編。
前作が売れなかったので名前を変えて輸入してきたww 最近こういう手法は多い。
「デッドコースター」、「美人道2005」・・・回は前作のようなジワジワと迫る恐怖は薄くなり、ガチバトルのようになっている。
前作とのリンクも「少しだけ」あり嬉しい。
今回は高校の生徒がメイン。中でもミンクシー(ニッキー・アイコック)というヒロインは何故か超能力?過去視?のようなものが使えるw
前作の黒人女性超能力者よりは使える。けれどクリーパーはほぼ無敵。
どんなに傷つけても、失った部位は生徒を食べて復元。 相変わらずむちゃくちゃな構造ですが、頑張って「ゴアさ」を表現しているのは認める。
クリーパーに対する人間にタガート(レイ・ワイズ)を置いたのはなかなかかも。
「ジェイソンVSフレディ」「エイリアンVSプレデター」には及びませんが、ある種別々の「狂気」を持った者同士の戦いは良い。 
ミンクシーのおかげで前作よりも少しクリーパーのことが明らかになるが、肝心の箇所は分からず終いと言う感じ。何故23年ごと? 中世からいたモンスター??
まぁこの中途半端な説明もまさに「都市伝説」といえばそれまでですがww
それにしても今回の騒動ではもはや伝説ではなく「事実」として認知されるのでは?
人死にすぎ生存目撃者多すぎ。。ラストでは少し「とんだ事」を してくれましたが、これはまだ続編頑張るよという意思表示かな??
思い切って前作の後半の雰囲気を全面に押し出した今作。これにて完全なモンスターパニックアクションとなりました。しかし、こういうある種思い切ったノリはキライじゃないです。

レビュー投稿