人は孤独になると何を想い、どう行動するのだろうか?

人は孤独になると何を想い、どう行動するのだろうか?
まずは家族、友人にメールなりツイッターなりコミュニケーションをとろうとするのではなかろうか。孤独が好きだという人も、ホモサピエンスの一員である限り絶対に長期間の孤独には耐えられる訳がないのだ。ニンゲンという動物はそういう生き物であるから。
さて、おどろおどろしいパッケージに目が行く本作。
実際はヒロインはもっと可愛いのでご安心を。
だがしかしまあこのヒロインは重度のコミュ障でありますな。
そんな可愛らしくサイコなメイちゃんの常軌を逸した行動と、感情をうまく表現できないが故の切なさや哀しさに驚愕する作品。
動物病院に勤めるメイが、とあるきっかけから異性と付き合い始めるのですが、何せ今までに恋人どころか友達すらいなかったもんだからさぁ大変。何を話せばいいのかすら分からず、しどろもどろになる始末。挙句冷たく彼氏にフラレたメイは愛する人形に八つ当たり、猫を殺してまさに世紀末モード突入のお知らせ。
「友達がいないなら造ればいいじゃない」
マリーアントワネットもビックリな発想に至ったメイは勤め先の病院からメスだの鋸だのを持ち出してクローベリングタイム!
各部位の素材を集めて自分だけのお人形さんを作りたいでござるの巻。モンハンか!
しかしながらこの少女、職場仲間のレズ友やらパンクロッカーなグミ野郎など、可愛い外見ゆえに向こうから人々が近寄ってくれるのです(この後犠牲者になるとも知らずに)。そういう意味では割と勝ち組。ふつうはこれだけ根暗だと誰も歩み寄ってくれないもの。
流れに逆らわずに進むことのできない少女。なぜそこでそんな反応をするんだイライライライライラ…となることもしばしばあります。しかしそれは個人の性格。この人にはこの人の生き様があるのだと自分を説得。
R15指定だけどほとんどグロくない。どっちかつーとホラーより切ないラブストーリーのよう。
メイさんが自分はとことん不幸だと思っているが、世の中にはもっと辛い人生の人もいる訳で…。その辺が満足度絶頂まで行かない所以。変わったテーマというか作品なんで一回は観る価値あると思いますよ。

一緒に生きて、私に触れて

主人公のメイは動物病院で働く女の子。幼少時代に片目が斜視だったことから友人が作れず、大人になった今でも上手く人とコミュニケーションが取れない。心の拠り所は洋服作りと両親に子ども時代にプレゼントされたスージー。

そんな彼女にある日、気になる男性ができた。名前はアダム。

恋なんてしたことない。アプローチの仕方なんて分からない。でも好き。特に彼の手が。

不器用なメイは彼女なりのやり方で懸命にアタック。そして、ある日なんと彼から話しかけてもらうことが出来たのだ!

・・・前半のあらすじだけ見ると甘酸っぱいラブストーリーにしか思えないが、これはホラーだ。しかもとても悲しい種類のだ。

そもそもメイのアプローチというのがアダムを待ち伏せしたり、彼の部屋のドアの前で何時間も立っていたりとそういった類なのだ。彼女には人間の友達がいなかったために適切な距離の縮め方を知らないのだ。

そして二人の関係はキスまではなかなか順調(?)だったがメイの変人ぶりにアダムは徐々に距離を取り出す。

飼っていた猫も、メイに好意を示してくれた同性の職場仲間もいなくなり(これはメイがそう感じただけかもしれない)、極めつけに友達のスージーも壊れてしまう。

メイは打ちひしがれる。どうして誰も私のそばにいてくれない?どうして私に触れてくれない?

そして彼女はある行動を起こす。そこから先こそ、この映画のホラーたるメインだ。

彼女が何をしたのかは作品を鑑賞して確かめるべし。怖いぞメイ。

最後に彼女は自らの血を流し、目的を達成した。あれは救いだ。

メイをヤンデレとする意見もあるだろうが、そもそもメイは相手の人間性を真に見てはいない。彼女が愛したのは彼ら彼女らの美しいパーツである。

メイの奇妙さと天然さのすれすれに立つ可愛さが分かるなら、彼女を好きになるかもしれない。作品中で自作する衣装も可愛かった。

レビュー投稿