良くも悪くもホラー映画の切り札を使ってしまった作品

ニコール・キッドマン演じるグレースと、二人の子供が大きな屋敷で経験する怪奇現象の数々をゴシックホラーという分野で描いた作品の「アザーズ」。
1945年のイギリスという設定で、夫を戦争に取られた妻という立場でもあるグレースは必死になって二人の子供を育てているわけですが、重度の光アレルギーのため、分厚い遮光カーテンを閉めたままのひっそりとした生活を送っています。
子供たちが度々訴える、屋敷の中にいる「誰か」や、子供たちのいう「お友達」を訝しがるグレースにも、次第にはっきりと屋敷の中にいる他人を感じることになります。
大きなお屋敷には数人のお手伝いさんがいますが、どうもこの人たちがアヤシイ……と、まるでトワイライト・ゾーンなどの、あの世のお話になるかと思いきや、大どんでん返しが!
この作品、オチについては賛否両論すぎて意見が真っ二つに分かれます。
メガホンをとったアレハンドロ・アメナーバル監督はスペインの若手有望株。有名な作品ではトム・クルーズの「バニラスカイ」のオリジナル「オープン・ユア・アイズ」を作った人。
長年ホラー映画を好んで観てきた私には、スペイン人監督はホラー映画を作るのが上手いというイメージがあり、この作品を観ましたが「アリかもしれないけどコレをやってはいけないよ」という一言に尽きました。
ニコール・キッドマンはゴシックでも映える美しさで、ゴシック系映画が好きな人にはたまらないでしょう、それだけに個人的には脚本でがっかり映画になりました。こういうオチを作ってしまっては今後のホラー映画は何も作れなくなります。やってほしくなかった……。
「シックス・センス」などが好きな人にはおすすめできますが、おすすめのホラー映画を教えて!といわれて「アザーズ」はすすめません。80年代なら大ウケかもしれないですが、ホラー好きの人にはもうホラー映画は終焉なのかも、と思わせる作品。どんな作品か観ておきたい、というのであればどうぞ。個人的採点は辛口です。

わたしは退屈でした

ニコール・キッドマン主演、日本初公開は2002年の映画です。
今だにレンタルショップでは結構オススメされていることの多い作品ですが、サスペンスやらスリラーやらホラーやら、お店によって分類がまちまちです。
それも無理はないでしょう。
全体を覆うトーンがボンヤリとしていて閉鎖的で、息苦しいだけが特徴の映画です。
特にめちゃくちゃ怖いシーンもグロいシーンもありません。
大きな屋敷に病気の子ども2人と母親が「何か」に怯えながら暮らしている様子を見せられるには、この映画の尺はあまりに長いです。
はっきり言って退屈です。
子どもたちは日光を浴びることができない病気だという設定も、屋敷を薄暗く保ち、全体のトーンを落とすためだけの舞台装置です。
わたしがこの映画を借りてきたお店では一応「驚愕のラスト!」なるアオリがついていたのですが、それすらも当時高校生だったわたしでも容易に看破できるようなお粗末なシロモノでした。
後半はあまりの退屈さに、「なんだか謎めいていて気味が悪くて不安...という雰囲気はホラーにおいて重要なものですが、それをキッチリ説明してしまうところが洋物だなあ...。謎なら謎のまま残してモヤモヤさせた方がいいのに」と達観しつつ見ていました。
唯一の見所はニコール・キッドマンの美しさでしょうか。
彼女を映すときだけはカメラのピントがあっているので、その美貌をくっきり拝むことができます。
残念ながら面白い映画とは言えません。

言動一致してなさすぎ

お屋敷に引っ越してきたお母さんと幼い娘と息子。
子どもたちは光アレルギーなので、すべての部屋日光さえぎっている。
そこへやってくる3人のお手伝いさん。
でもよくよく考えると、まだお手伝い募集の文章新聞に載ってないぞ…?
娘がおばけが見えるとか言い出す。お手伝いさんたちもかなり怪しい感じ。
たまに日光にあたるけどどうともなく。
戦争に行った父親が帰ってきた。けど、廃人みたいになってしまい、しばらくしてまた戦争に行くと去っていった。ちょっとこの父親の役割がよくわかんなかったっすね!
ついにお化け…侵入者たちとご対面。
っていうかむしろ幽霊だったのは自分たちだったー!!!っていうオチ。
母親は気が狂って娘と息子を射殺し、自分も自殺。でも生き返って普通に暮らし始めていた。
が! 生者から見れば幽霊だった。
ちゃんと暮らしていた生者たちが、親子には幽霊に見え、生者たちからは親子が幽霊として困らせていたのだった。
お手伝いさんたちはそれらを全て知っていた、こちらも幽霊。
結局生者の方がお屋敷を出て行っておしまい。
海外の幽霊って、日本の幽霊と違って肉体派ってかんじがする。ゾンビとか怪物みたいなね。
"気配"みたいな日本の幽霊の感覚があっちではいまいち伝わらなくて、日本の怪談はウケないってどこかで見たことがあるような。
けどこの作品は割と幽霊とか気配!ってかんじを途中漂わせまくり。
しかし納得いかないのはお手伝いさんたちがどうして最初に事実を告げなかったのかってこと。
こういう作品全てがそうなんだけど「全てをわかってる人」が「理由なく」「それを相手に告げない」事によってミステリーみたいになる作品が私は好きではない。
お手伝いさんたちは自分たちの手でそういう(親子が幽霊である)証拠を隠しておきながら、途中で勝手に「何もわかってないくせに!」とかプリプリしだしてようやく事実を告げるんだもん。言動一致してなさすぎ。

ラストで落とす為だけに映画を作っている

この映画の一番嫌いな所は、もうほとんどラストで落とす為だけに映画を作っている。どんでん返しが売りだからなんでしょうけど。もうちょっとやりようあったんじゃないですかね。

最初は良い感じにゴシック調のホラーで、しかも雰囲気や効果音とかの使い方も良くて、なかなか良かったんですけど。途中から召使い達が変に謎めいた発言をしていて、しゃしゃり出てくる。

なんかラストこいつら噛んでくるのか、そう思わせる為の罠なのか、という二択が勝手に生まれちゃうんですよ。しかも分かりやすいぐらい何か企んでいる感を出していて、ちょっと物語が安っぽくなっちゃうんですよね。

落ちを見る限りどうやら意図としては両方というか、後者だったと考える方が妥当なような気がするんですけど、ちょっともったいないですよね。

何故なら発想は凄い良いと思うんですよ、これはどんでん返しにこだわらずに普通に撮っていたら、新しい視点だし、映画の歴史に置いてもなかなか面白い肩書きの付く映画だと思うんです。ただそのアイディアはどんでん返しに秘めているから、肩書きもネタバレになってしまうので付ける事が出来ないというなんとももったいない話です。

しかもそのどんでん返しのお陰で、せっかくの素晴らしいアイディアも、なんかシックスセンスに酷似してしまっているんですよね。面白い発想のはずなのに、なんか観た事ある映像になってしまっているんですよね。なので普通に撮った方が良かったんじゃないでしょうか。

不思議で不気味で哀しいホラー

" あまりホラー映画というのは得意分野ではありません。もともとが怖がりで、よくある「恐怖の心霊写真特集」などのようなテレビ番組にも興味はあるのですが、どうしても一人で見るより家族と見ながら「これは嘘やで」とか「これはなかなか怖いな」とか感想を言ったり笑い飛ばしたりしながら見ないと、ビデオにとって後で一人で見るなどという事はなかなかできません。

 そんな中でもう一度じっくり見てみたいホラー映画というものを初めて見つけました。それが「アザーズ」という映画です。

 スプラッターのように血が沢山出たり残酷なシーンが出てきたりする映画はどうも苦手です。それよりも「オーメン」のように「雰囲気が怖い」という映画の方が「本当に怖い」と感じてしまうし、「怖い映画」としては「地が出て残酷シーン」よりも高尚な感じがするのです。だからと言って、「じゃあ一人でじっくり見られるのか」と言われるとなかなかつらい所はあるのですが・・・

 しかし「アザーズ」は何か少し雰囲気が始めから変わっていました。古い家に引っ越してきた母親と子ども達、その人たちの周りで起こる様々な不思議で何やら不気味な出来事・・・。屋根裏で見つけた写真集には死体ばかりが写っていたり、誰もいない部屋で子供が走り回ってカーテンを開けたり・・・。でも見ている者は何かずっと違和感を感じ続けています。どこかがおかしいような気がする、何かが隠されているような気がする・・・。

それを感じさせる映画りの撮り方や場面設定が最後全てが明らかになった時に「ああなるほど」と思わず納得いってしまい、そして、その怖さを倍増せてくれるのです。

普通のゴシックホラーとは一味違った物語の設定、そして何か不気味さを感じさせながらも最後までその違和感を感じさせ続ける映し方、そして最後のどんでん返し、怖さと共に悲しみを感じる、「ホラー映画」というくくりから少しはみ出した、物語の面白さ、そして映画そのものの不思議さ、怖さを感じられる作品だと思いました。 

"

レビュー投稿