サスペリア・テルザ 最後の魔女

主演はアーシア

主演はアーシア・アルジェントです。
この人は監督の娘なんですが、監督の映画では常連で、何度も主演を務めています。
「親の七光りかよ!政治家も芸能人もこんなのばっかだな。」
と思う方もいるかもしれませんが、映画を見たらそうは思わないでしょう。
映画の中とはいえ、徹底的に虐待されまくる彼女。
「プロ意識」といえば聞こえはいいですが、おそらく嬉々として撮影している監督は、どちらかといえば単なる変態です。
そんな変態オヤジに律儀に付き合うこの娘も娘で、「変態映画ドンと来い!」と気合が入っています。
なんとも歪んではいますが、家族愛を感じさせる話ですね。
このアーシア・アルジェントが、やさぐれた魅力たっぷりでカッコいいです。
ただ、この映画では多分もっと「か弱い」美少女が想定されているんじゃないかと思うんですよね。
アーシアだと咥え煙草でマシンガンをぶっ放して魔女を皆殺しにしような感じなんですが・・・。
お父さんにとってはいつまでも可愛い少女なんでしょうか。
対する魔女たちの風貌ですが、これがレディ・ガガかマリリン・マンソンのグルーピーかと思うような奇抜なメイクで度肝を抜かれます。
これじゃ単なるアバズレ集団です。
対するアーシアもアーシアですから、ホラーというより女番長シリーズを見てるようです。
あと、魔女軍団の中に何故か1人ホラー作家の岩井志麻子みたいな日本人が居るんですが、いつも逃げ回っているアーシアがこの日本人にだけは頭を粉砕するまで反撃します。
「日本人には情け無用」というのは世界共通なんだな~と思いました。
はっきり言って、ホラー映画としては全然怖くありません。

なんともいえない魅力がある

アーシア・アルジェントが、やさぐれた魅力たっぷりでカッコいいです。

ただ、この映画では多分もっと「か弱い」美少女が想定されているんじゃないかと思うんですよね。

アーシアだと咥え煙草でマシンガンをぶっ放して魔女を皆殺しにしような感じなんですが・・・。

対する魔女たちの風貌ですが、これがレディ・ガガかマリリン・マンソンのグルーピーかと思うような奇抜なメイクで度肝を抜かれます。

対するアーシアもアーシアですから、ホラーというより女番長シリーズを見てるようです。

あと、魔女軍団の中に何故か1人ホラー作家の岩井志麻子みたいな日本人が居るんですが、いつも逃げ回っているアーシアがこの日本人にだけは頭を粉砕するまで反撃します。

「日本人には情け無用」というのは世界共通なんだな〜と思いました。

はっきり言って、ホラー映画としては全然怖くありません。

意味不明でユルい展開の話の中で、唐突に残虐なスプラッター場面が登場しまた戻るといったことの繰り返しで、緊張感は皆無です。

このスプラッター場面が異常に気合が入っているのですが、ストーリー上全く必然性がありません。

でも、この辺は昔ながらのイタリア製ホラーだな〜という感じですね。

残虐非道なのにどこかノンビリしているんです。

過剰な分だけ思わず笑ってしまうところとか。

ただ、個人的には嫌いではない作品です。

なんともいえない魅力があるんですよね。

普通に怖い映画を見たい人にはオススメできませんが、30歳以上でホラーを結構見ている人なら同じように思うんじゃないでしょうか。

これは酷い

これは酷いですね。魔女が復活してどうこうという話ですが、盛り上がり所が人が死ぬシーンしかない。残酷描写で二時間なんとかしようという映画で、酷いとしか言いようがない。

そもそも魔女復活なんていう題材は、もはや完全に時代にあってないじゃないですか。世紀末やノストラダムスの大予言とか、ああいうオカルトチックな時期だと、まだ説得性みたいなものが1%なりともありそうですが、百年に一度の大不況でしょう。客は正直、魔女復活に胸躍らせていられないんですよね。

しかも全然話が広がっていかないですよね。本当に魔女を倒すか倒さないかの話でしかない。主人公の超能力、魔女、残酷描写、軽いエロ描写。この四本柱でしかストーリーがなっていないんですよ。友人が殺されても、殺された瞬間は悲しむものの、次のシーンにはなかった事みたいになってるし、主人公の葛藤がほとんどみられない。

魔女の強大さを、この映画はとにかく引っ張るんですけど、引っ張るわりに観た事後悔するぐらい全然対した事ないですよね。いや怪しいと思ってたんですよ。観だしてから一時間半ぐらい経ってようやく魔女と対面するじゃないですか。尺もうないんじゃないかと思って見てたら案の定、話が急ピッチで展開しますからね。逆に凄いなと思いました。

「さすがアルジェント!」「音楽が良い!」とかいう感想になってしまうのは、中身がないからなような気がしてならない。ただ、アーシア・アルジェントが父親の映画の為に脱いでいるのは面白いと思いました。

レビュー投稿