インパクト

少女を主役にした残酷青春物語+スプラッターな内容で、クライマックスの恐ろしさと悲しさは強烈なインパクトがありました。
この「怨霊の森」も、主人公は少女で、登場人物のほとんども女性ばかり。
ラッキー・マーキーなんていうポップで能天気な名前のこの監督は、少女が好きなんですね。
少女が好きな変態ホラー監督といえば、ダリオ・アルジェントでしょう。
もういい歳だと思うんですが、相変わらず自分の娘(やさぐれた女番長風、刺青有り)を主役にしてホラー映画とか作ってます。
この人の超有名作に「サスペリア」という映画があるんですが、「怨霊の森」はもろにそれを意識した内容となっています。
全寮制の女子高、少女同士の確執、そして魔女・・・。
どうもラッキーはダリオが大好きみたいですね。
一番作りたい映画を作ったら、結局サスペリアのリメイクみたいになってしまったんでしょう。
これと似た結果を招いたのが、ニール・マーシャル監督の「ドゥームズデイ」です。
「ディセント」が評価され、好きな映画をお金をかけて作れるようになった瞬間、「マッドマックス」のリメイクみたいな馬鹿映画を作ってしまいました。
監督はノリノリで作ったはずですが、多くの人の当惑と失笑を招く結果に・・・。
「怨霊の森」も、かなり監督自身の好みが反映された、自分にとって完璧な映画なのかもしれません。
「少女もたくさん出しました!少女同士の苛めシーンや乱闘シーンも入れました!怪しげな魔女3人も乱入!ユニークでしょ?斧で頭もカチ割りました!コレ、決め手かな?ぜ~んぶ入って、時間は90分ポッキリ!今すぐお電話を!先着10名様にはな~んとビックリ、「死霊のはらわた」の主演ブルース・キャンベルもお付けしますよ!番号間違えんなヨ!」こんな、(監督が思う)必要なモノを全部乗せした高級ドンブリのような映画なんだと思います。
この監督と趣味がバッチリ合う人にとっては、最高に楽しい映画だと思います。

監督と趣味が合う人にとっては最高に楽しい映画

かなり監督自身の好みが反映された、自分にとって完璧な映画なのかもしれません。

この監督と趣味がバッチリ合う人にとっては、最高に楽しい映画だと思います。

しかし、そうでもない人にとっては、色々気になる部分が多いです。

大体、よく意味が分かりません。

魔女はいったい何をしたかったのか、最後までよく分からなかったし・・・。

まあ、この辺はダリオ好きだからあえてやったのかもしれません。

主役の少女も、あんまり少女という感じがしません。

どちらかというと、ライフルで敵を皆殺し、火炎放射器でエイリアン全焼、片手腕立て伏せ連続100回などが似合いそうです。

主人公を苛める少女の方が普通に美少女でした。

この美少女を、主人公はブン殴って鼻血を出させます・・・。

もしかしたら、美少女虐待系ホラーのパロディのつもりなのかもしれませんが。

基本は非常に古典的(というかダリオ的)な設定と描写を丁寧になぞりながら、クライマックスでは派手なCGを用意して違うテイストで盛り上げます。

ダリオ好きなんだけど、いつも終盤が呆気ないんだよな〜と思う監督が、じゃあオレがやってみよう!という感じで作ったのかもしれません。

確かに楽しめる部分も多いし、ダリオ作品よりも万人向けにはなっていると思いますが、もうちょっと分かりやすい説明があると良かった気がします。

そもそも魔女とか、何言ってんの?というような人には向いてないと思います。

個人的にはそれなりに楽しめました。

レビュー投稿