機械じかけの小児病棟

虐待

舞台は、とにかくボロボロの病院で、壁にはじゃんじゃんヒビが入りまくり、エレベーターはシンドラー製なのか故障を繰り返し、ついでにお化けまで出てしまうという状態。
「噂の東京マガジン」でならすぐに特集され、「あのねのね」の清水國明さんにリポートされそうな問題物件です。
これが廃病院ならすぐに「行列ができる心霊スポット」として人気を集めるのでしょうが、まだまだ営業中、収容される子供にとっては堪ったものではありません。
しかも、ここに出没するお化けが、子供を虐待するのがローソンのプレミアムロールケーキよりも大好きというたちの悪いもので、前述のとおり「ボォギィィィ!」と子供の足の骨を折ってしまいます。
最近は日本でも子供の虐待ブームが真っ盛りですが、手も触れずに子供の足の骨を折るというツワモノはまだ登場していないようですね。
虐待をしたくなったら、とりあえず念力で挑戦して、出来なければ虐待を諦めるという習慣を心掛けてもらえれば、悲惨な事件も防げるのではないでしょうか。
こんな迷惑な病院に配属された女性が主人公になります。
前半は、明らかに様子がおかしい子供達に気づいた彼女がこの病院の謎に迫るという、オカルト・ミステリーな展開で、地味ながらも丁寧に異常な病院の姿と真相を描いていきます。
しかし、後半から終盤に至っては、ホラーを見慣れた人にもゾッとさせるシーンが連発し、パワフルな展開を見せます。
途中にちょっとしたサプライズを用意するなど、非常によく考えられた構成になっていると思いました。
全体的には、古典的な設定と展開の古き良きオカルト映画を意識しながら、日本のホラーなど最近のテイストをうまく織り込んであり、とても完成度は高いと思います。
サディスティックで痛いシーン満載、子供にも容赦無しな鬼畜系の映画かと思いきや、意外にも泣かせるラストも良かったと思います。

意外とちゃんと作られている映画

イギリスの離島の小児科病院で夜勤看護師として働き始めることになったエイミー。勤務先の病院は100年以上の歴史があるが、既に閉鎖が決まっていて、病棟は1階を除き閉鎖されている。3階病棟は50年ほどまえに閉鎖され、エレベーターも止まらないように設定されている。この病院では以前から不可思議な出来事が続いており、入院している子どもたちは「シャーロット」の存在を口にする・・・。

邦題がアレなんでB級映画と思って借りたら、あらやだ、結構ちゃんと作られている映画じゃないの!キャリスタ・フロックハートが出てるだけあるわ!しかも、監督、「REC」の監督か!なるほど!

もう、閉鎖された病棟で夜勤というシチュエーションが恐すぎる。それだけでもうちびるレベル。キャリスタ・フロックハートは、「アリーmyラブ」のときとはちがって、陰鬱な表情で、そのガリガリボディが陰鬱さをさらにかき立てている。

個人的にはこういう設定がもうちびりレベルでこわいので、最後「シャーロット」の存在が明らかになったときには、もう即座に白目にして目の焦点ずらしました。ええ、「リング」ですら観たら寝られなくなりますから。

ストーリーもどんでん返しがあり、よくできている。邦題さえ何とかすれば、もっと観る人増えるんじゃないか。でもまあ、物語の内容と「機械仕掛けの小児病棟」というタイトルはあってるっちゃあ、あってるんだけどね。

ラストはちょっとほっこり。マギーは見守っていてくれるんだよね。

とても完成度は高い

この「機械仕掛けの小児病棟」という珍妙なタイトルの邦題の映画、別に本当にシステマチックに整備された未来の小児病棟を舞台にしているわけではありません。

実際の舞台は、とにかくボロボロの病院で、壁にはじゃんじゃんヒビが入りまくり、エレベーターはシンドラー製なのか故障を繰り返し、ついでにお化けまで出てしまうという状態。

これが廃病院ならすぐに「行列ができる心霊スポット」として人気を集めるのでしょうが、まだまだ営業中、収容される子供にとっては堪ったものではありません。

しかも、ここに出没するお化けが、子供を虐待するの大好きというたちの悪いもので、「ボォギィィィ!」と子供の足の骨を折ってしまいます。

こんな迷惑な病院に配属された女性が主人公になります。

前半は、明らかに様子がおかしい子供達に気づいた彼女がこの病院の謎に迫るという、オカルト・ミステリーな展開で、地味ながらも丁寧に異常な病院の姿と真相を描いていきます。

しかし、後半から終盤に至っては、ホラーを見慣れた人にもゾッとさせるシーンが連発し、パワフルな展開を見せます。

途中にちょっとしたサプライズを用意するなど、非常によく考えられた構成になっていると思いました。

全体的には、古典的な設定と展開の古き良きオカルト映画を意識しながら、日本のホラーなど最近のテイストをうまく織り込んであり、とても完成度は高いと思います。

サディスティックで痛いシーン満載、子供にも容赦無しな鬼畜系の映画かと思いきや、意外にも泣かせるラストも良かったと思います。

レビュー投稿