ラストハウス・オン・デッドエンド・ストリート

c級映画だ

ラストハウス・オン・デッドエンド・ストリート 。
この映画ですが、本当にヒデェ、クソゴミ映画でしたよ!
話なんてあって無いような内容(声に出して読んでみよう)なんですが、それでも話が全然理解できません。
「いつかきちんとした説明がされるんだろうか」という希望は、管政権に優れた改革を期待する事以上に虚しく打ち砕かれます。
バタリアンズ(井口昇監督と山口雄大監督)の副音声でも「この映画はキライ」「この監督は最低」「なんか臭い」と散々な言われようで、地球上で誰一人フォローする人間は居ないんじゃないかとさえ思います。
終盤にあるスプラッターシーンまでは本当に時間稼ぎという感じだし、その見せ場だって見ていた事を報われた気分には1ミリもさせてくれないものです。
「技術無し、センス無し、倫理無し」という、嫌な気持ちになるだけの映画でした。
まあ、「とりあえず映画という形にさえなっていれば良い」というレベルの志しかない制作者によって作られた、ダマして金を徴収する装置のようなものですからね。
そう考えると、近年大量に作られ、全国公開され、あっという間に忘れられていく邦画なんかもこれと同じじゃないかとも思います。
昔はコケ脅しの要素で釣っていたのが、「泣かせ」に変わっただけじゃないでしょうか。
いつの世も映画興行というのはそういうものなのかもしれません。
広い心を持った素敵な大人になりたかったのに、すっかり荒んだ気持ちになってしまいました。

話が全然理解できません

話なんてあって無いような内容なんですが、それでも話が全然理解できません。

「いつかきちんとした説明がされるんだろうか」という希望は、管政権に優れた改革を期待する事以上に虚しく打ち砕かれます。

バタリアンズ(井口昇監督と山口雄大監督)の副音声でも「この映画はキライ」「この監督は最低」「なんか臭い」と散々な言われようで、地球上で誰一人フォローする人間は居ないんじゃないかとさえ思います。

終盤にあるスプラッターシーンまでは本当に時間稼ぎという感じだし、その見せ場だって見ていた事を報われた気分には1ミリもさせてくれないものです。

「技術無し、センス無し、倫理無し」という、嫌な気持ちになるだけの映画でした。

まあ、「とりあえず映画という形にさえなっていれば良い」というレベルの志しかない制作者によって作られた、ダマして金を徴収する装置のようなものですからね。

そう考えると、近年大量に作られ、全国公開され、あっという間に忘れられていく邦画なんかもこれと同じじゃないかとも思います。

昔はコケ脅しの要素で釣っていたのが、「泣かせ」に変わっただけじゃないでしょうか。

いつの世も映画興行というのはそういうものなのかもしれません。

広い心を持った素敵な大人になりたかったのに、すっかり荒んだ気持ちになってしまいました。

こんな映画を「なかなかどうして、イイじゃんか!悪くないよ!」なんて語るインチキな大人になるくらいなら、いつまでも中学生マインドで結構です!

レビュー投稿