いろんなタイプの殺人鬼がいます。

ホラー映画には、いろんなタイプの殺人鬼がいます。
基本的に殺人鬼がいろんな人を殺していくというお決まりの展開は崩せないので、舞台や殺人鬼自体に個性を出すしかないからです。
警官だったりピエロだったりインテリだったりレスラーだったり子供だったり・・・。
この映画は、なんと重度障害者が殺人鬼となっています。
重度障害者を演じている殺人鬼、というわけではなく、正真正銘の重度障害者が殺人鬼なんですね。
殺人鬼映画もここまで来たか!という感じです。
これが例えばミステリー映画で、とても犯行できそうにない重度障害者がトリックを使って人を殺す、というのならありそうですが、これはまさにホラー映画的にナイフとかで刺し殺したりします。
無茶するな~と思いますよね。
実際、主演の方のインタビューを読んだら、かなり無茶な撮影だったみたいです。
主演の住田さんは本当に重度障害者の方なんですが、低予算映画の過酷な撮影に放り込まれ、冬に雨の中や深夜までの撮影の際には「死ぬかと思った」と漏らしています。
内容については映画が完成するまで知らされず、ギャラも無し・・・。
これ、本人が納得しているからいいものの、「虐待」か「電波少年のロケ」並みの酷さですよ!
住田さんが話していた内容で非常に共感できたのは、障害者を「お涙頂戴」とか「頑張る障害者」としてばかり描くのはやめて欲しいという部分でした。
今の世の中では、障害者はそういった描き方以外ではテレビや映画に出演することもままなりません。
障害者が悪いことをしたり下品なことをしたりする描写があると、すぐに「差別を助長する」とか言い出す連中が登場して、すべてを無かった事にしようとします。
彼らにとっては、障害者は自分たちの都合の良い存在(気の毒な弱者としての存在)でなくては困る、つまり「人間」であってはならない存在なんでしょう。

住田さんが非常に魅力的

主演の住田さんがこの映画で演じる男は、酒ばかり飲んで若い女が大好きな、典型的なショーモナイオヤジです。

電動車椅子で移動しボイスマシーンで会話を交わすという、かなり不自由な生活を強いられそうな状態なのに、1人でどこにでも出掛けるし好きなものも食べるという随分気ままな生活です。

NHKのドキュメンタリーでは重々しく語られそうなその姿も、実に飄々としてユーモラスで憎めない感じで、最初はコメディかと思うほど笑いを誘います。

ところが、途中で「アッ、そういえばこれって殺人鬼映画だっけ!」と気づいたように、唐突に人殺しが始まります。

一応若い女性に失恋したからというキッカケはかろうじて描かれてはいますが・・・。

しかも、殺す相手が通りすがりのどうでもいいような野郎ばかりなんですね。

殺人鬼映画で殺すのは美女と相場が決まっているものですが、何故かそういう風にはなりません。

住田さんも電動車椅子から飛び降りて熱演しますが、ホラー映画的な盛り上がりにはどうしても欠けます。

この映画では、主役の住田さんが非常に魅力的に撮られているという部分においては素晴らしいと思います。

特に滑稽に、時に恐ろしく、時に叙情的に美しく撮られていて、まさに住田さんのプロモーション・ムービーと化しています。

しかし、住田さんが居ないシーンではモロに低予算自主制作映画という感じで、他の役者の方も素人っぽさが前面に出てしまっています。

前半のなんでもない生活を描いている部分はとても良かったのに、殺人鬼映画としてスタートすると色々と苦しい部分ばかりが目立ってしまいます。

レビュー投稿