ライフ・イズ・デッド

ゾンビホラー漫画の映像化

個人的に凄く期待してた作品。古泉智浩原作の脱力系ゾンビホラー漫画の映像化です。
結論から言うと、原作のユルい感じはちゃんと維持できてて個人的にはなかなか楽しむことができました。ゾンビ主観のホラー映画というと『コリン』辺りが思い浮かびますが、本作のようにじわじわゾンビ化していく主人公、というのは割と珍しいはず。
ではでは早速物語について。
全世界でアンデッドウィルス(UDV)なる奇病が蔓延する近未来。絶望的なパンデミックというわけではないのですが、日本でも徐々にキャリアが増えてます。
噛まれたり引っ掻かれたりは勿論アウトなんですが、性行為によっても感染するのがちょっとHIVっぽい。
主人公の赤星逝雄(荒井敦史)は、とある田舎町の一軒家に住んでる高校生。
家族はパチンコ屋勤務の父(小林すすむ)と専業主婦の母(円城寺あや)、そしてやや天然気味の妹:消子(ヒガリノ)。
どこにでもある普通の家族ですが、実は逝雄はUDVキャリア。現在レベル3。ちなみにレベル5まで行くと完全にゾンビとなります。おかげで就職できず絶賛ニート中。
感染経路は元カノでセフレの茜(しほの涼)。この人まだUDVキャリアであることを明かしてませんが。
UDVはまだ完全な治療法が見つかってませんが、進行を食い止めるためにはストレスフリーな生活が重要。しかし政府の対応もgdgdだし社会的差別の目もあるし色々と大変。
彼を介護する家族も気苦労が絶えません。お金も結構かかるしね。消子ちゃんもバイトもっと頑張る!私可愛いからアイドルオーディションも受けてみようかな。こんな感じで家族の皆も若干ピントがずれてるけど。
しかし逝雄の病状はどうしても進行しちゃう。
友人の面井がKYだったり茜がAV出てたり、密かに恋してたナースの桜井さん(中島愛里)にフラレたり最後にはオーディションに落選した消子から罵声を浴びせられたり。
そしてとうとう逝雄はレベル5となりゾンビ化!果たして、赤星家のみんなは逝雄を救うことができるのか・・・?
ラストは若干原作から改変されてますが、映画版の方が赤星家の一致団結を上手く描いてて面白かったと思います。全員血まみれだけどなんか妙な感動があるw 
大規模なパンデミックではなく、じわじわ真綿で首を絞めるような感染の拡散も逆にリアルに思えるんだよね。昔はHIVについても無茶苦茶ヤバい!って思ってたんだけど、実際これが原因で人類絶滅するってほどじゃない。でも緩やかに滅んでく感じ。こんな空気感が本作では上手に描いてあります。
西村映像の手がけるグロ描写も、敢えてコミカルに撮ってます。
基本血糊ぶっかけ!入浴中のUDVキャリアの首に巻かれたセーフティバンド(『バトル・ロワイアル』方式)が誤作動して頭がパーン!のシーンが一番の笑いどころかな。

レビュー投稿