幻覚なのか真実なのか・・・

最初は精神病院で働く多忙なカレンの日常から始まり、次第に非日常的な、カルト集団の破滅的な行動に信者以外の人々が巻き込まれて逃げ惑うハラハラドキドキなストーリに展開していきます。

仕事を終え疲れたカレンが、帰りに夜遅くの地下鉄に乗車して間もなく起こる出来事を、乗客それぞれの視点でプレイバックして見せてくれるのは斬新でした。
そこから次々に連続して起こる恐ろしく非現実な出来事の数々に、まさかそんなことが起きるなんてと思いながらも、観ている自分もどんどん引き込まれていき、恐ろしくて理解できない出来事の数々が幻覚なのか真実なのかわからなくなっていきます。

登場人物たちは映画の前半から後半までのほとんどを暗く閉鎖的な地下で逃げ回っていて、いったいこれらの恐ろしい出来事が地上ではどんな状態にあるのかもわからないまま映画が進行していくので、その閉鎖的な空間設定も、観ているこちら側の恐怖を増幅させていきます。
世界規模で起きていることなのか、限定された地域でおきていることなのかもわからないまま、目の前で起こっていく不可解な恐ろしい出来事に遭遇していく登場人物たちに、知らず知らずのうちに感情移入していってしまいます。

カレンが勤務先の病院で担当した患者だったヴィビアンという女性の残した絵と言葉(魔女裁判、麦角菌)、カップケーキなど、科学的にも説明できる幻覚をもたらす可能性のあるヒントらしきものが出てくるのですが、ラストでカレンが見たものの正体は結局最後まで私にはわかりませんでした。

ただ、最後にカレンが恐怖で一度閉じた眼を、勇気を出して見開いたのは、映画の中盤で悪魔や怪物への恐怖をカレンが地下で出会った信頼できる青年マイクに話した時に、彼が教えてくれた恐怖への向き合い方を、ひょっとしたら実践したのかなあと思いました。

テーマ曲も印象的で映画を観終わった後に映画の暗い内容をひきずってしまうような耳に残る音楽でした。

無茶苦茶面白怖いホラー

主人公カレン(イロナ・エルキン)はとある病院の看護師。職場の同僚だったヴィヴィアンが地下鉄に飛び込んで自殺したり、駅構内でウザイ男に絡まれたりでかなりテンションは低め。しかも乗った終電が突然謎の急停車(ちなみにさっきのウザ男の仕業)。しかもなんか悪魔か霊かの幻覚が見える始末。お疲れのようですね。

そんな中、車内にいる幾人かのポケベルが一斉に鳴り響きます。メッセージを見た彼らは突如十字架を模した短剣(一人長剣もいます)を手に、他の乗客を次々に殺害し始めた!そう、彼らは謎の新興宗教団体「希望の声」の信者たちだったのです。

カレンたち生き残った数名は、何とか地下鉄の制御室へと逃げ込むのですが・・・

開幕のカレンの幻覚のシーンでいきなり「ひぃっ!」と声が出そうになりました。これで掴みはOK。そしてその後も全く結末の予想がつかない見事な衒学ホラーに仕上がってます。

問題の敵を、見た目は一般市民の新興宗教信者にしたのがまず面白い。『20世紀少年』でも似たような展開あったよね。殺しに手馴れてない感じが逆に怖いぞ。逃げるPTの前に現れる狂信者が年端もいかない兄弟だったりして、殺す気満々だったのに判断鈍るのも辛い。日本だと地下鉄サリン事件辺りを思い出したりもして、なかなかリアルに恐怖を覚えるのではないでしょうか。

地下鉄駅構内という閉鎖的な環境に主人公達を置くことで、彼らが異常事態の全容をなかなか把握できないのも怖いぞ。『ドラゴンヘッド』みたいな。おそらく低予算で撮られた作品ですが、アイデアでそのハンデを逆手に取った感じ。

レビュー投稿