写真に写りこんでいるそれはどこにいるのか?

2004年タイの映画です。2008年ハリウッドで『シャッター』(監督:落合正幸さん 出演:ジョシュア・ジャクソン、奥菜恵さん他)のタイトルでリメイクされています。

アメリカのホラー映画では悪魔が突然人間に恐ろしいことをしてくるというパターンが多い気がします。悪魔思想が無く、どちらかというと仏教思想に近い日本人の私には、悪魔の存在よりも亡くなった人間の怨念のほうが恐ろしいと感じます。私個人の勝手な意見ですが、アメリカなどの西洋思想の方たちと私たち日本人は、ひょっとしたら恐怖の対象に関する捉え方が違うのではと思っています。

このタイの映画『心霊写真』では、亡くなった人間の霊の怨念で不可思議で恐ろしいことが起こるので、私たち日本人が恐ろしいと感じるものの思想に近く、理解しやすい身近な恐怖だったように思います。

映画のストーリーは、カメラマンのタンが、恋人の女子大学生ジェーンと、タンの大学時代の友人の結婚式に主席する場面から始まります。その友人の結婚式の帰り道、タンを助手席に乗せて車を運転していたジェーンは、若い女性をひき逃げしてしまいます。その後、2人の周囲で次々と不可思議で恐ろしい事件が起こり始めます。
映画前半は、ひき逃げ事故から始まり心霊写真など数々の心霊現象が起こり友人が次々に死んでしまうなど連続して不幸がふりかかってきてしまう主人公とその恋人に同情し気の毒に思って観ていました。しかし、映画が進むにつれて、その気持ちが変わってきます。心霊写真に写りこんだ女性が誰で、どういうことがあったのか、今はどうなっているのかが判明するにしたがい、主人公タンの過去に、ある事実が発覚します。それを知ってからの映画のラストは、その幽霊の存在はもちろん怖いままですが、本当に怖くてひどいのは、やはり人間なんだなあと改めて気付かされました。まさに因果応報。

ラストに、その幽霊が今までずっと、「どこ」にいたのか(憑いていたのか)がわかりますが、そこがこの映画の一番の恐怖ポイントな気がします。映画の中盤、そのヒントがあるのでご覧になった方は途中で気づかれると思いますが、はっきり映画ラストに、その映画中盤のヒントの答え(ヒント:ある数値)が明かされると「やっぱり~っっ?!!」と思いつつも、背筋がゾ~~~ッとしました。

心霊

映画「心霊写真」はなんと、タイ映画です。
タイという国は、新聞に死体写真をジャンジャン載せるという大らかな国で、死体博物館という本物の死体を展示するアミューズメントパークも存在する「怖いもの大好き国家」です。
そんな国のホラー映画ですから、ちょっとやそっとのユルい怖さでは暴動が起きてしまいます。
「伝染歌」のような映画をプロデュースした秋元康なんて、タイでならとっくにバラバラに解体されて展示されているはずです。
この映画は、見た人はすぐ分かるとおり、非常に日本のホラーを意識した作りになっています。
長い黒髪の恨めしそうな女、という日本ではポピュラーなイメージの幽霊が大活躍しますし、演出もかなり参考にしてるな~という感じです。
この辺は既にハリウッドでもやってますが、さすが恐怖大好きのタイ映画、その怖さを追求する姿勢は段違いです。
色々と表現に注意しないといけないハリウッドに比べると、怖きゃいいんだろ!という純粋さに溢れたこの映画では、サービス精神のつもりで本物(とされている)の心霊写真をバンバン登場させてくれます。
ジワジワ来る怖さもありつつ、ビックリ系の演出もタップリ仕込んでますので、お化け屋敷に入るつもりで仲間と楽しんで見てももイイでしょう。
オチも含めて、非常に日本の怪談を思わせる内容のため、これが日本映画でないのが残念ですね。
最後までとても纏まっていると思います。
もっとタイを見習って、ガンガン気合を入れて恐怖映画を作って欲しいものです

スタンダードさに好感の持てる映画

2004年のタイ映画『心霊写真』。「意外性がない」など、否定的なレビューも見かけたことがありますが、個人的にはむしろ、そこに好感をもった作品でした。

まず、ハリウッドよりもジャパニーズホラーよりの作品だな、と思いました。幽霊は黒髪に白いワンピースの典型的なスタイル。怖いシーンもチラッと見せることが多く、あまり派手な演出を好まない、じわじわ来る系の日本のホラーに通じるものがあったように感じます。

よくある幽霊のビジュアルや、奇抜な演出がないところ、さらに「因果応報」を感じさせる復讐譚であることから、非常にスタンダードなホラー映画だな、と感じました。このあたり、人によっては「ひねりがない」とか「新鮮味がない」などと感じてしまうところかもしれません。

しかし、ちょうどこの頃にたまたま「実はすべて主人公の妄想だったのだ」というオチの映画を複数観てしまったこともあり、個人的には「そうそう、こういうのでいいんだよ!」と、妙なひねりを効かせないストーリーに拍手を送りたい気分でした。嫌味がなく、とても真面目に作られた作品という印象も受けました。

また、97分とあまり長くないのも、ダレなくてよかったと思います。加えて、タイの映画をほとんど観たことがないので、そこに新鮮さを感じることもできました。あまり聞きなれないタイ語や、何が書いてあるのかさっぱりわからない文字、手を合わせてお辞儀をするシーンが普通にあったりするところなどは、いい意味で「違う文化圏の映画だなぁ」と感じさせてくれました。

奇抜な演出や凝ったストーリーの映画もいいですが、やり過ぎるとかえってイマイチに感じてしまうこともあるでしょう。直球勝負の『心霊写真』は、個人的には好感度のとても高い映画です。

さすが恐怖大好きのタイ映画

映画「心霊写真」はなんと、タイ映画です。

タイという国は、新聞に死体写真をジャンジャン載せるという大らかな国で、死体博物館という本物の死体を展示するアミューズメントパークも存在する「怖いもの大好き国家」です。

そんな国のホラー映画ですから、ちょっとやそっとのユルい怖さでは暴動が起きてしまいます。

「伝染歌」のような映画をプロデュースした秋元康なんて、タイでならとっくにバラバラに解体されて展示されているはずです。

この映画は、見た人はすぐ分かるとおり、非常に日本のホラーを意識した作りになっています。

長い黒髪の恨めしそうな女、という日本ではポピュラーなイメージの幽霊が大活躍しますし、演出もかなり参考にしてるな〜という感じです。

この辺は既にハリウッドでもやってますが、さすが恐怖大好きのタイ映画、その怖さを追求する姿勢は段違いです。

色々と表現に注意しないといけないハリウッドに比べると、怖きゃいいんだろ!という純粋さに溢れたこの映画では、サービス精神のつもりで本物(とされている)の心霊写真をバンバン登場させてくれます。

ジワジワ来る怖さもありつつ、ビックリ系の演出もタップリ仕込んでますので、お化け屋敷に入るつもりで仲間と楽しんで見てももイイでしょう。

オチも含めて、非常に日本の怪談を思わせる内容のため、これが日本映画でないのが残念ですね。

最後までとても纏まっていると思います。

もっとタイを見習って、ガンガン気合を入れて恐怖映画を作って欲しいものです。

Jホラーを受け継ぐのは日本だけじゃない

邦題こそ「心霊写真」だけれど、タイの大ヒットしたホラー映画。

最初は「タイってどんなホラー映画を作るのか?」という興味本位という若干失礼態度で観始めたが、そこには日本のホラーを上手に踏襲した完璧なホラー映画があった。

友人の結婚式の帰り、主人公でカメラマンのタン(名前)と、その恋人のジェーンは誤って車で轢いてしまう。運転をしていたのはジェーンだが、それにしつこくちょっかいをかけていたのはタン。そして、女性を轢いたというのにその姿はどこにもない。ジェーンはケイサツに届けようというが、なかったことにしようとするタン。

そしてカメラマンであるタンは、あの轢いてしまった女性と似た”もの”が写真に写っているのを見つける。

また、罪の意識にさいなまれるジェーンのもとに、あの女性と似た”もの”が現れ始める……。

怖がらせ方は、日本のホラー、それも近年の「リング」シリーズや「仄暗い水の底から」「着信アリ」など、心霊系のホラー物に似ている。というか、そのものと言っていい。逆に、ハリウッド映画によくある「ドン!バン!ギャー!!」みたいな、音や映像でビックリさせるパターンは少ない。ちゃんと、心の底から怖がらせてくれるのだ。

そして軸となるストーリーだが、これも日本的、というよりは仏教的だ。きちんと遺体を供養しないから祟っているとか、因果応報、悪いことをしたらそれは自分に返ってくる、といったこと。タイは仏教大国なわけで、当然といえば当然だ。

そして、これらは自然に私達に根付いている。何も悪くない登場人物が無慈悲に惨殺されたりするパターンよりは、気持よく観られるはずだ。逆に、そういったパターンが好きな人はあまり興味をそそられないかもしれない。

映画から国の文化を感じられることもまた海外の映画を観る楽しみでもある。文化が違うはずなのに、同じ方向性の映画が受け入れられ、そして逆輸入されるということは、つまりタイと日本は似ている国なのかもしれない。この映画をきっかけに、他のタイ映画を観てみるのもいい。

レビュー投稿