ラスト・ホラー・ムービ

フェイク

いわゆる「フェイク・ドキュメンタリー映画」の類です。
低予算でもアイデア次第で面白いものが作れるのがホラーの醍醐味ですが、フェイク・ドキュメンタリーはその最たるものです。
「ブレアウィッチ・プロジェクト」なんかは内容よりも(劇場で観ましたが、個人的には本当につまらなかった)売り方のうまさで大ヒットとなったことは記憶に新しいですし、日本では「ノロイ」(未見)なんかも作られています。ビデオでは「ギニーピッグ」シリーズ(これも未見)の1、2なんかもそんな作りらしいですね。
さらに古くは「ヤコペッティの世界残酷物語」や「食人族」等が存在し、日本では普通にドキュメンタリーとして公開されていました。(カランバという作品も昔CMで見ましたが、今見ることはできるのでしょうか?)
ここで重要なのは、「これって本物なのかしら?」と少しでも観客に思わせられるか、ということです。上記の作品でも、それが成功したものはヒットしています。(まあノロイ以外、というわけですが。)
映画ですが、普通のホラー映画が始まると思うとすぐに画面が乱れ、男が登場するとおもむろに殺人の告白を始める、という演出がされています。
しかし、上記のことはDVDのパッケージにあらかじめ記載されています(笑)。さらに、ご丁寧にもメイキングも収録されていて、監督や役者がにこやかに解説をしたりしています。
これではドキュメンタリー風の作りもぶち壊しだと思いました。本当は序盤に登場する普通のホラー映画としてレンタル店等に並べるのがベストなんでしょうが、実際は難しいでしょうね。

レビュー投稿