ホッケーマスクをよく分かっていますね

ホッケーマスク殺人鬼シリーズ 第7弾です。
前作がつまらなかったうえ、今回は超能力少女が出てきてサイキックバトルになると聞いて、公開当時の僕はまったく期待できずに見送ってしまいました。
こりゃ完全に子供向けになるな、と思ったのです。大好きなバタリアンも、2では子供向けのゆるいコメディーになっていたのは本当にショックでした。今と違って、当時の僕は本当に器の小さい奴だったのです。
しかし今回初めて観てみて、予想を裏切られました。とてもきちんと作ってあります。
主人公の女性は超能力が使えるのですが、頭をバカーンとかち割ったり、ネオ東京を壊滅させるようなことはできません。(アキラと同じ年の公開なんですね!)物体を遠隔操作でき、ちょっとした予知ができるくらいです。
しかもジェイソンに対して使うのは終盤になってからで、そこの攻防もなかなか面白く見せます。面白半分に超能力を扱ったわけではなかったようです。
登場→即死の繰り返しばかりでなく、サスペンスを盛り上げる演出にも気を使っています。
特にブスが化粧をした途端にジェイソンが現れて、必死に逃げるところは面白かったですね。「ブス逃げろ!ブス危ない!ブス死んだ!」と、手に汗握りました。せっかく化粧をしたのに…。誰にも見てもらえないなんて気の毒です。
あと、クライマックスに死体のオンパレードを見せたのもポイント高いです。これは結構重要なところなのに、前作・前々作では素っ気無いものでした。
最後の、お家大爆発!→まだ生きてる!というジェイソンのしぶとさも素晴らしいです。監督はこのシリーズをよく分かっていますね。

とてもきちんと作ってあります

ホッケーマスク殺人鬼シリーズ 第7弾です。

今回は超能力少女が出てきてサイキックバトルになると聞いて、公開当時の僕はまったく期待できずに見送ってしまいました。

こりゃ完全に子供向けになるな、と思ったのです。大好きなバタリアンも、2では子供向けのゆるいコメディーになっていたのは本当にショックでした。今と違って、当時の僕は本当に器の小さい奴だったのです。

しかし観てみて、予想を裏切られました。とてもきちんと作ってあります。

主人公の女性は超能力が使えるのですが、頭をバカーンとかち割ったり、ネオ東京を壊滅させるようなことはできません。(アキラと同じ年の公開なんですね!)物体を遠隔操作でき、ちょっとした予知ができるくらいです。

しかもジェイソンに対して使うのは終盤になってからで、そこの攻防もなかなか面白く見せます。面白半分に超能力を扱ったわけではなかったようです。

登場→即死の繰り返しばかりでなく、サスペンスを盛り上げる演出にも気を使っています。

あと、クライマックスに死体のオンパレードを見せたのもポイント高いです。これは結構重要なところなのに、前作・前々作では素っ気無いものでした。

最後の、お家大爆発!→まだ生きてる!というジェイソンのしぶとさも素晴らしいです。監督はこのシリーズをよく分かっていますね。

先入観にとらわれずに、なんでも見てみるものだと思いました。ファンのみなさんは、寛大な気持ちでこのシリーズを応援して欲しいですね。

完璧なモンスター化したジェイソンが暴れまくる

"前作から完璧なモンスター化したジェイソンが暴れまくるシリーズ7作目。

今作はなんと超能力ガールティナ(幸薄そうで可愛い)との死闘を繰り広げます。

最後のジェイソンの馬力VSティナの超能力の闘い、というか馬力なんぞ通用せず一方的に超能力にやられちゃう様はまんまキャリーVS母親。

流石のジェイソンも目に見えない力には敵わないようです

超能力というとどちらかと言えばオカルトな感じですが、だからなのか超能力を使用している時やエンドの曲がなんだかエクソシストやサスペリアちっくで、なんか笑えました。

制作側も色々意識してんだろうなー。

今作でエンジン音のする凶器を持って現れ、「ついに初めてチェーンソーを使うのかな」と思ってたら丸ノコ草刈機でした。

何故か「草刈機かよ!」と、突っ込んでしまいました。やはり流石のジェイソンはレザーフェイスをリスペクトしているのだろうと思いました。

男らしさ炸裂です。

余談

色気が無いと罵られ、「あたしだってやれるわよ!見てなさいコンチキショー」と頑張って化粧したギャルが結局誰にもその化粧ぶりを見せることなくジェイソンに殺られちまったのが涙を誘いました。

せっかく化粧してドレスみたいな衣装まで着たのに……大して綺麗でもなかった………のは秘密。

彼女は成仏できるでしょうか?

余談2

今回のジェイソンは前作以上にモンスター化してるはずなのに不思議と呼吸が荒かったり(呼吸してる時点で変)ガソリンかけられるの嫌がったり、なんだか人間ぽさが多くて変でした。

やっぱ突進するのがジェイソンです。"

レビュー投稿