ミート・オブ・ザ・デッド

面白いわ

アイルランドの片田舎をドライブするカップル、ヘレナとマーティン。プレゼントにネックレスをもらい、そのお礼にと運転中にちゅっちゅしたらうっかり人はねちゃった!とりあえず車に乗せて病院に運ぼうと思ったら、はねられた人が後部座席からマーティンの首筋をガブリ!マーティンブチギレてこの人のど頭をぶっ潰します。この人一緒になったらDVしそうだな。
ともあれ瀕死のマーティンを救うため、ヘレナは近くにあった建物に向います。誰かいませんか~?と思ったらダイニングには蛆の湧いた料理!ベッドの上には腐乱死体!あーもうちょっとやばい感じです。そうこうしてたらマーティンが建物の中にやってきた。あれ?大丈夫なの?と思ったらいきなりヘレナに襲いかかる!完全に正気を失ってます。苦し紛れにヘレナは部屋の中にあった掃除機で応戦。ノズルを眼球にセットしスイッチオン!引きずり出される眼球!掃除機を武器に使う映画も珍しいですが、こんくらいの攻撃であっさり絶命するゾンビもなんというか。しかし、そんな彼女の前にどこからともなく更にゾンビが現れます。とりあえず逃げなくちゃ。
そんな彼女の前に現れるハンチング帽の男デズ。彼の口から語られる衝撃の事実。それはなんか変な肉食った牛が人間を襲うようになり、そして襲われ食われ死んだ人間も何故か蘇って、生き残った人間を襲うようになった、とのことでした。ちなみにメイン武器はスコップ。殴ってよし、刺してよし、ぶっちぎってよしの汎用性の高い武器ですね。
道中でかなりワガママっぽい老夫婦(偶然デズの昔の野球のコーチだったw)、そして負傷した少女(若干ピザ)を加え、ヘレナ達はゾンビの恐怖から逃れようとするのですが・・
おそらく低予算で作られた一本ですが、意外とゴア描写には工夫が見受けられます。何よりも彼らが使う武器が掃除機、スコップ、釘、ハイヒール、木片と身近にあるものばかりなのが面白い。銃社会ではない日本で、もしゾンビに襲われた時にはどう戦うべきか。その答えがこの作品に込められている。のかもしれませんw

ゴア描写には工夫が見受けられます

おそらく低予算で作られた一本ですが、意外とゴア描写には工夫が見受けられます。何よりも彼らが使う武器が掃除機、スコップ、釘、ハイヒール、木片と身近にあるものばかりなのが面白い。銃社会ではない日本で、もしゾンビに襲われた時にはどう戦うべきか。その答えがこの作品に込められている。のかもしれません。

まあでも、本作のゾンビはそんな武器でもあっさり倒せちゃう。ハイヒール投げたら眉間にズブリ。貴方たちの頭はプリンなの?

ちょっと珍しいのは牛のゾンビが登場するところ。冒頭でいきなり人を襲うシーンも衝撃なのですが、その後主人公パーティの乗る車の前に現れ、あっさり窓ガラスを粉砕するパワーの凄さにも驚嘆。

あと、大量のゾンビが一箇所に集まって睡眠を取ってるというのも割と珍しい描写な気がします。アイルランドのゾンビは夜更ししないんだな。真面目か!

割と隙の多い相手のような気もしますが、ゾンビに襲われ仲間は次々と命を落とします。唯一生き残ったものの武器もなく絶望するヘレナ。その前に現れるのは白い防護服をまとった軍隊!ふう、なんとか助かって良かったね!

と思ったら、この後に衝撃?!の結末が・・・

まあ「希望と未来を叩きのめす驚愕のラスト!」って敢えてハードル上げちゃった気もするなアルバトロスさん。

ちょっと残念なのは深夜の攻防となる後半戦が、画面暗すぎて何やってるか解りにくいところ。それ以外は「期待しないで観る」ぶんには中々面白い作品になってるのではないかと。

レビュー投稿