好きか嫌いか分かれる映画

製作総指揮がギレルモ・デルトロ、というだけで、映画好きの方なら気になる映画かもしれない。
実際に私もその一人でした。

映画は、一人の男が妻を殺し、娘2人を連れて逃げるシーンから始まる。

時は経って5年後。
行方不明になった男、そしてヴィクトリアとリリー。
男の弟、ルーカスとその恋人アナベルがこの映画の主人公である。
ルーカスは弟と姪2人を必死に捜し、ついにとある小屋でヴィクトリアとリリーが発見される。
しかし2人とも少しおかしくなってしまっており、精神科へ。
彼女たちには「母」が必要だと考える医師は、2人をルーカスとアナベルに育てさせることにする。
そこで生活していくうちによくある「不可解な現象」が起こり始める、というのがあらすじだ。

まずおかしくなってしまった姉妹が、恐ろしい。
まだ幼い中人の手を離れ、「人」では無くなっているのだ。
どうやって撮影が行われたのか、DVDを買って知りたいと思っている。
(DVDを買って知れるのかどうかわからないが…)

アナベルは、見た目からもわかるように、まだまだ遊びたい盛り。
バンドを組んでいたり、まだルーカスといちゃつきたい。どちらかというと、母性の欠片なんか無い。
そもそもまだルーカスと結婚していないアナベルにとって、姉妹は完全に他人なのだ。
それも、あからさまにおかしくなってしまっている。不安で仕方ないのはそりゃそうだ。
それが「不可解な現象」からヴィクトリアとリリーを守るために、少しずつ母性を芽生えさせていく。
その微妙な心境の変化が、まず一つの見所だと思う。

そして、大事なのは映画全体、その雰囲気。
どことなく暗い雰囲気に、はっとさせられる視線の使い方。
かなり切ないストーリーに相まって、独特の雰囲気となっている。
ギレルモ・デルトロお得意の雰囲気と言えば想像がつく人もいるかも知れない。

ただ、大きく評価を分けるのが、いわば「お化け」がはっきりと登場するところだと思う。
ネタバレになるのではっきりとは言えないが、姿を現し、手を伸ばし、追いかけてくる。
不気味な動きだと感じる人もいれば、ギャグだと感じる人もいるらしい。
そういった演出で冷めてしまう、という人には、この映画は少なくともホラーとしてはお勧めできない。

切ないストーリー、感情、映像
そういったものを楽しみたい方にはおすすめの作品です。

思ったよりも

そもそものこの映画を見ようと思ったきっかけは、アメリカの街中で見かける宣伝ポスターとテレビのCMが印象的だったからです。もちろん、何回も見たからというのもありますが、それ以上にCMとは思えないほどの臨場感が画面を通してひしひしと伝わってきたからです。数々のホラー映画を見てきた私でも「この映画は一味違う!」と感じたほどです。気になってからはすぐに見ましたが、結論から言わせていただくと少しがっかりではありました。
序盤から謎の幽霊のようなものがチラチラと映り、視聴者の恐怖心を煽る演出は他のホラー映画と同じでしたが、逆に後半までひっぱりすぎてもどかしさを感じました。それに加えてやっと幽霊が出てきたと思ったら、思ったよりも普通にあっけなく登場したため拍子抜けでしたし、しかも登場シーンの後はその幽霊は姿を一切隠さずに画面に映っていたため幽霊という感覚が薄れ、どちらかと言うと「登場人物のうちの一人」というような目線で見てしまいました。
また、全体のストーリーに加えて登場人物の心情の変化に関する描写が少し荒い気がしました。主人公の一人が考えを変えるという流れの中でも、考えが変わったきっかけとなる場面はうつされていましたが「え、そんなにすんなりと心変わりできるの?」と思うほどあからさまに行動を変えるので少し戸惑いました。少しくらい「考えを変えていいのか」と戸惑っている描写があった方がリアルでよりよかったのかなと思います。また、主人公の心情の変化が速いことからもストーリー全体のスピードが思ったよりも早く、時間内に収まるようにストーリーを焦って作ったのかなと思ってしまいました。
見る前の期待度が高かったことに加えて、幽霊が幽霊という枠を超えてもはやSFもののキャラクターのように表現されていた点や、ストーリーの作りこみ具合が甘いと感じたことを鑑みると、暇つぶし程度に見るのが一番だと思います。

背筋が凍る怖いホラー映画

MAMAは、2013年政策のカナダ/スペインの珍しい合作映画です。日本では、1週間だけの劇場公開でディスクが発売されたホラー映画です。物語は、精神を病んだ父親が妻と同僚を殺し、幼い姉妹を連れて山小屋に逃げるところから始まります。心中しようとする時に、間一髪で姉妹は何者かに救われ命拾いするのですが、惨劇がここから始まります。事件から5年後に山小屋で発見された姉妹は、父親の弟に見つけられ町へと戻されます。姉妹を心中から助けたのがMAMAです。もちろん、MAMAも姉妹と一緒についてくるので、惨劇が次々に起こるのですが・・・・。

幼い姉妹のヴィクトリアとリリーの演技が秀逸です。カメラは長回しが多用され、姉のヴィクトリアの目を通して見えないMAMAが描かれています。日本では、芦田真菜ちゃんとか本田望結ちゃんの演技が賞賛されていますが、ヴィクトリア役のミーガン・シャルパンティエの気色悪い表情は、夢にうなされそうな怖さが満載です。将来がとても楽しみなお子様女優です。

また、製作総指揮のギレルモ・デル・トロ氏は、ホビットシリーズやブレイド2で有名ですが、日本のロボットアニメや怪獣物が大好きで円谷英二氏を尊敬しているとコメントしています。大友克洋氏の「童夢」の映画化を計画したのですが資金調達が思うようにいかずとん挫しています。もっとも、大ヒット作の「ヘルボーイ」は資金調達に7年かかっていますので、いつの日かトロ氏監督の「童夢」が観れるかもしれません。

映画の半ばで、公文書図書館の女性の「霊というのは、残酷な仕打ちに対する怒りの化身のこと」というセリフが耳に残っています。MAMAは、一人で観るには、あまりも怖すぎるホラー映画です。特に、ラストの7分間は目が離せません。暗いシーンが多いので、部屋を明るくして鑑賞することをお勧めします。

レビュー投稿